カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後は鬱とハイが入り混じってました^_^;
産後

[0歳0ヶ月]産後は鬱とハイが入り混じってました^_^; [妊娠・出産の体験談]

645人に読まれました
2015-05-21 09:43
普段のテンションとは違いますが、何といっても産後の心理状態の不安定さって半端じゃないですよね。
きっと、急激に変化した体に対応する何らかの物質が脳内にドバっと出てくるのでしょう。
それに心がついていけず、鬱の方向に強く働く女性が多いので”産後鬱”とくくられるのかもしれません。
私の場合、”鬱”だけでなく”躁”も強く産後1か月くらいはやはり異様なテンションでした。
”鬱”は”過剰な心配”という形で現れました。
子供は8月に生まれ、その年は物凄く暑い夏だったのですが退院時、「病院を出たらこの子は暑さで必ず死ぬ」と”本気で”恐怖を覚えていました。
その後も、里帰りした実家で赤ちゃんを 寝かせている時蚊のような小さな虫を発見し、「赤ちゃんの口に入って死んでしまう!」と恐ろしくなり自分でも驚くほどの剣幕で「こんな家、嫌だ!」と怒り狂っていました。
きっと”子供の命を守る”という本能が働くのでしょう。
”躁”は”過剰な大うけ”という形で現れました。
「みんなのうた」を聴くだけで面白くてたまりません。笑いすぎて泣けてくるほどです。
更にある女優さんがテレビに映っているのを見ると、特にファンでもないのに「この世のものとは思えない美しさだ」と感動し写メを撮りまくったり・・(テレビ越しに写メを撮っているのですから相当異様です・・)。
また、たいして面白くもない祖父の言動に大うけしていつまでもそのことを人に知 らせてはお腹が痛いほど笑っているのです。
この辺のくだりは当時の携帯写メやビデオに残っているので、シラフに戻った今、恥ずかしくて見たくないです(笑)。
1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる