カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 妊娠8ヶ月。入院生活と保険金の手続き。
出産

[30w]妊娠8ヶ月。入院生活と保険金の手続き。 [妊娠・出産の体験談]

3102人に読まれました
2015-09-30 21:41
副作用にも慣れ始め、夜も眠れるようになり、張りも落ち着いてきたところで病院の方から入院費の説明がありました。
、、、た、高い!貯金なくなる!
と思いました。声には出さなかったけど、顔に出ていたと思います。(*_*)
でも私は県民共済に加入していたのでなんとかなりました。笑
あと、旦那さんの会社からも少し出してくれたのですが、その書類の作成や提出物がものすごく面倒臭かったです。私はもともと旦那さんの扶養には入ってなかったので、扶養に入る手続きをしたり、申請の期限もあったので間に合うかどうかひやひやしました。病院に無理を言って待ってもらったりしました。
入院費が一定額以上になるとその分を払わなくても大丈夫になる限度額適用認定証というのがあって、その申請もしなくてはいけませんでした。
この申請は必ずしたほうがいいです。
かなり負担額が減ります。
退職については、失業保険の手続きをすれば月々いくらかもらえると聞いていましたが、毎月申請に行かなければならない手間と、扶養に入っていたらもらえないということだったので、断念しました。でも、今は面倒臭がらずに失業保険の手続きをすれば良かったかな、、、と思っています(・・;)
のちのちかなりお金が入りますから、、、
保険やら何やらのことを考えているうちは大丈夫だったんですが、それ以外はずっとなんでこんなことになったんだろうという思いが心から離れませんでした。
調子に乗って遊びに行ったりしたのが悪かったのか。
何がダメだったのか、私は妊娠するのに向いていなかったんじゃないのか。
点滴の針を刺している血管はもろくなりだんだん痛くなって赤く腫れてきます。その度に違う場所に刺し直すのですが、私は大の注射嫌い。
1週間我慢できていたのが5日になり、3日になり、2日で刺し直す日までありました。
両腕は点滴の跡だらけでした。
私の周りで妊娠中入院したという話を聞いたことがなく、私も当たり前に日常を過ごしていけると思っていました。
なので、ディズニーランドへ行って、ディズニーランドホテルへ泊まろうという計画も立てていました。
他に行きたいところもたくさんあったし、赤ちゃんを迎えるためにお家の片付けや部屋作りもしたかったです。
それが全てできなくなり、本当に毎日泣いていた気がします。
その度に看護士さんが話を聞いて慰めてくれたり、同じ切迫早産で入院中だった方に励ましてもらったりしましたが、家に帰りたくて帰りたくて仕方ありませんでした。
先生に何度か帰りたいと伝えましたが、今帰ると本当に早産で母子共に危険な状態になるかもしれないから、頑張って入院していて欲しいと言われました。
私は何もすることができない病院のベッドの上でただひたすら横になる毎日でした。

みんなへメッセージやアドバイス

切迫早産は体質もあるそうです。何が悪かったかなんて、考えても仕方のないことでした。でも考えてしまうんですよね。言える人に気持ちを言うだけでも落ち着いたりしますよ。
2

妊娠30w前後の体験談

上へもどる