カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 子育てで気分が落ち込む毎日だった時の話。
ママの悩み

[0歳3ヶ月]子育てで気分が落ち込む毎日だった時の話。 [育児の体験談]

327人に読まれました
2015-10-01 12:11
初めての子育ての時のことです。
赤ちゃんを生んで幸せいっぱいなのに毎日が辛いときがありました。
周囲にママ友といえる人もおらず、友人や家族も側におらず、唯一頼れる旦那は仕事で帰宅が遅い。
1日がとても長く感じられたまらなく苦しい時期がありました。
夜泣きの時に旦那も一緒にあやすのを手伝ってくれていたし、特にこれといって不満もなく毎日を過ごしていたはずなのに心の中は悲しい気持ちなのです。
何故なのかは分かりませんが、初めての事だらけで悩んでばかりいたし手探りで子育てをしていました。
育児本を読んでも正解なんてどこにも書いてなくて本当にこれでいいのだろうかと子供の成長を不安に思ったり。とにかく毎日不安でした。
この時期は旦那にお風呂にいれてもらったり、夜中にあやして貰っていることすら申し訳なく感じてしまっていたのです。

本来なら私がして旦那は寝かしてあげなければいけないのに何でうまく出来ないんだろうと思っていたのです。

けなげですね。
今なら2人の子供だからたまにはお願いします!ごめんなさい!と腹をくくって旦那に子供をまかせて爆睡できる自信があります。

当時産後うつの様な状態だったのかもしれません。お母さんになり立てで不安もいっぱいで悩みを打ちあげれずにいたのも原因でした。
気づいた時にはそんな悲しい気持ちは吹っ飛んでいたのです。
どうしてなのかは私にも分かりませんが本当に気づいた時には落ち込む気持ちが消えていたのです。
産後うつや産後クライシスと言われるものかもしれません。
同じように悩んで落ち込んでいる方がいらっしゃるなら、自分ばかり責めずに抱えずに旦那さんや家族に甘えて元気になりましょう。
お母さんが元気でないと家族は回らない!ですから。
1

上へもどる