カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 子供がいるから四季を楽しめる話
遊び・あやし

[0歳1ヶ月]子供がいるから四季を楽しめる話 [育児の体験談]

166人に読まれました
2015-10-01 12:28
子供を生み育てるまで落ち着いて四季を感じる事ってありましたか?
私はあ~夏がきた。春がきた。とは思っていましたがじっくりと四季を感じる様な事はありませんでした。

子供を生んで四季を肌で感じれる様になったのです。
春になればお花見をします。
てんとう虫や蝶々が飛び、卵を産みつけそれが幼虫になり蛹になる過程も楽しめます。
草花があちこちで咲いているのを子供が喜び私もそれを見て喜ぶ。
桜の花びらを拾ってきてそれを使って遊ぶ。シロツメクサで花の冠を作る。クローバーの中から四葉を探す。

夏になりかぶと虫やせみを採りに行きます。
虫取りには最高の時期です。
幼虫も様々な場所で見られます。
ツバメも5月くらいに見られ巣作りの様子や雛が孵る様子も楽しめる。
花火や夏祭りを楽しみキャンプに川に海にプールも楽しめます。
蜃気楼を不思議そうにみる子供。
汗をかきながら食べるアイスやかき氷。
日に焼けた子供をみて夏を感じます。

秋は味覚狩り。みかんに梨にお芋堀り。里芋堀もこの時期です。
ついこの間までヤゴだったトンボがたくさん飛んで
お月見をして夕暮れを楽しめます。赤い空に子供は感銘を受けます。
紅葉をみてどんぐりやまつぼっくりを拾って工作に使います。

冬になり息が白いと言う子供をみてほっこりして、手をつなぐと暖かいと言う事が実感できる時期になります。お風呂に長い時間入りたくなるようになり話も弾みます。
たまにお風呂の窓を入りながら少し開けて寒いね~と冬を感じたり。
お鍋にこたつ。雪がふれば雪合戦。
イルミネーションにクリスマス。お正月だってあります。

こうして四季を子供がいるから改めて感じ楽しめるのは贅沢だと思えるのです。
子供がいなければゆっくり空を眺める事や地面に目を落とす事も少なかったでしょう。
行事を楽しむことなんてそんなになかったのではないでしょうか。
同じ1年でも子供の成長と共にすごし方や見方が変わるのも楽しみの1つです。

いつまでも季節が変わる様を子供と楽しみたいですがそうは行きませんよね。子供だって自立します。
今だからこそ、今しか出来ないからこそ一緒に思い切り季節を感じようと思うのです。

季節の楽しみを教えてくれた子供に感謝の気持ちでいっぱいです。
季節と共に子供の成長をしっかり見守り楽しみたいと思います。
0
上へもどる