カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 7月が予定日!それまでのマタニティーライフについて
妊娠後期(8ヵ月以降)

[35w]7月が予定日!それまでのマタニティーライフについて [妊娠・出産の体験談]

501人に読まれました
2015-05-21 23:09
小さなあんよ
  • 11月に妊娠が分かり、予定日は7月19日とのこと!
    友人や自分の親世代の人から予定日を聞かれ、7月です〜と言うと、夏に産まれると楽よ〜良かったね〜とのこと。その時は「あ〜そうなんですか〜」といまいちピンと来ず、、、
    もちろん一年中妊婦さんや産婦さんがいて、それぞれの季節で良いところ不便?なところはあるはずで。
    私の場合は、つわりは12月〜1月がピーク。一日なんにも食べる気がしない日もあったけど、食欲が落ちる夏に比べると楽なのかも?
    ある日はトマトジュースがどうしても欲しくなって、夜遅くにコンビニに行ったりしました。

    お腹がだんだんと大きくなってきたと思ったら、だんだんと気候が暖かくなってきました。

    冬に臨月を迎えていた友達はコートとかもマタニティー用のを着ていたのと比べると、夏が予定日だとマタニティーウェアを揃えるのは安上がりかも。夏本番になってくると、キャミソールやワンピース、Tシャツを何枚か買った。私の場合はそれでやり過ごしました。友人からマタニティーウェアのお下がりをもらったのも助かったし役立ちました。

    電車で少し行ったところにショッピングモールがあるので、そこへウィンドーショッピング兼散歩兼ベビー用品を見に行ったり。
    臨月に入り、昼間はもうさすがに暑かったので出歩くのは控えつつ、主人と一緒に夜に近所へ散歩に出かけたりして、夜風に吹かれて気持ちよかったのを覚えています。

    お腹も更に大きくなってくるし、肋骨が圧迫されて息も苦しい気がするし、トイレは近いし、でもマタニティーライフを楽しみたいし、いざ出産となるまでやっておきたいことをやろう!と思うんだけど、もうお腹が苦しくてマタニティーでいること自体がしんどくなって、、、もう産んじゃいたい!!と思ったこともしばしばでした。

    予定日が近づき、予定日になり、予定日が過ぎてもお産の兆候はなく、、、いろんな人から「まだ?」「いつ(産まれる)?」と聞かれ「そんなの私が聞きたいわ!」と言いたくなる衝動を抑えつつ、とにかく歩いていました。
    予定日より4日遅れて7月24日に晴れて元気な男の子を出産することができました!

    夏生まれの場合、
    ・洗濯物がすぐ乾く
    ・沐浴の時に風邪をひかせる心配がない

    というのが夏生まれが良い!という実感でした!
    ベビーのお世話をしていると、とにかく洗濯物が増える!着るものもそうだし、布団のシーツやカバーも、おしっこやうんちで汚れることもしばしば。汗もかくし。沐浴の時もたくさんタオルを使ったし、、そんな時、夏だと洗濯して干しておくと数時間でパリッパリに乾いてくれます。
    (私は出産後は自分の実家で数週間母親にお世話になったので、洗濯等は母がやってくれましたが、、)
    沐浴は、冬生まれの場合、風邪をひかさないようにお湯の温度に気をつかったり、部屋も暖房で暖めておかないといけないけど、夏だとそんなに大変じゃないかも。

    出産後はしばらくは家でゆっくりするので、猛暑の間に外にあんまり出なくて良いというのもマルかな!

    これからは毎年セミのなく声や、夏祭りのにぎわいを聞くたびに息子が産まれた時のことを思い出すのだと思います!
1

妊娠35w前後の体験談

上へもどる