カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 乳腺炎になった日のこと。
授乳

[0歳2ヶ月]乳腺炎になった日のこと。 [育児の体験談]

788人に読まれました
2015-10-03 21:43
乳腺炎は突然訪れました。

長男が生後2か月の頃でした。
季節は寒い寒い冬。

午前中に家事を済ませ、お散歩に出かけました。
帰宅してしばらくすると、ゾクゾクとひどい寒気がしてきました。
ぐわんぐわんと目眩がして、あきらかにおかしいという感じでした。

熱を計ってみると、38.5℃もありました。

平日なので、旦那さんは夜まで仕事です。
実家もすぐ近くではないので、頼れません。

どうしようかとフラフラしながら、授乳をしようとすると、胸が死ぬ程痛みます。
痛くて痛くて、赤く腫れ上がっていました。

これは乳腺炎かもしれないと思い、出産した産婦人科に連絡をしました。
すぐに診てもらえるという事で、長男を連れて、朦朧としながら病院に向かいました。

そういえば前日に、頂き物のチョコがかかったラスクを何枚か食べたので、きっとそれが原因だろうなぁと思いました。

やはり乳腺炎ということでした。
乳腺がひどく詰まっているみたいで、授乳中でも大丈夫な抗生剤と解熱剤が処方されました。
あとはひたすら、赤ちゃんに詰まりを吸ってもらうだけだと言われました。

解熱剤で熱が下がり、朦朧とするのは治りましたが、胸は相変わらず痛いままでした。
長男も、あまり美味しくないのか、たくさん飲んでくれません。

何度も何度も授乳を繰り返し、少しずつ詰まりが取れていきました。

その体験がトラウマとなり、食生活にすごく気をつけて過ごしていたのですが、
1か月後、地域の赤ちゃんの集まりに参加した帰り、またひどい寒気を感じました。

赤ちゃんの集まりで疲れたのでしょうか。
熱を計るとまたしても38℃越え!

しかし今回はしこりがあるものの、胸の痛みはなかったので、家でゆっくり休んで授乳して治す事ができました。

私は詰まりやすい体質なのか、その後も寒い時期になると度々乳腺炎になりましたが、
一番初めの乳腺炎が一番ひどかったように感じます。



みんなへメッセージやアドバイス

胸が何かおかしいなとおもったら、とりあえず授乳して詰まりを取った方がいいです。
1

上へもどる