カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 1人目育児と2人目育児。
ママの悩み

[1歳0ヶ月]1人目育児と2人目育児。 [育児の体験談]

739人に読まれました
2015-10-09 10:42
子育ては一人っ子と2人いるのではだいぶ変わってきます。次女が産まれて経験して分かりました。長女の時は1人目という事で、神経質になっていました。
育児本は欠かせない存在になり、全てマニュアル通りでないと不安で焦っていました。
初めての子供だと余計にそうなるからとは産婦人科の看護師さんには話されましたが、当時はそういう言葉もみみに入らないくらい一生懸命でした。
次女を出産した後から自分自身、変化しているのが分かりました。帝王切開の傷が痛くなかなか起き上がりや歩行できなかった長女と比べ産後翌日、後陣痛が落ち着き傷の痛みはあるものの起き上がり歩行している自分に驚きました。
同室になり長女が泣き止まないと私も半泣きでナースステーションやコールを押していましたが、次女が泣きやまないと歩いてあやす等対応が出来ている自分に驚きました。
2人目だからというのは大きく、長女の時に経験した事が無駄ではなくあの時必死になってがんばっていたからこそ今こう出来るんだと考える余裕さえありました。
長女の時は転べば駆け寄り怪我をしていないか念入りにチェックしてましたが、次女も転んだら駆け寄りますが泣いていないならと擦りむいたりぶつけたりした場所の確認でやはり神経質になっていないのです。
長女の時はよく周りから過保護だと言われました。当時の私は何と言われようと私なりの育児を貫こうとしていましたがやはり私も人間で疲れが溜まり育児ノイローゼを経験しました。次女はそういった経験から危険な事と様子をみても大丈夫な判断を育児本ではなくすぐ病院に確認をするようにして一人で抱え込むのはやめました。

みんなへメッセージやアドバイス

未だに過保護だと言われます。主人の実家に泊まりに行った長女が寂しくないかと心配になったり、用事がある時に次女を主人の実家に預けた時も泣いていないかなどの心配で。
主人の両親は笑いながら過保護で心配性だなーと笑っていて、義母は私もそうだったから分かるわと言ってくれます。
子供は何歳になっても親にとっては子供で過保護くらいがちょうど良いのかななんて今自分自身開き直ってます。
1

上へもどる