カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. ただの風邪?
病気と症状

[1歳2ヶ月]ただの風邪? [育児の体験談]

274人に読まれました
2015-10-15 03:46
先週末もいつも通りに実家へお泊まりに行ったときのこと。

夕飯食べて、いつもよりイヤイヤが多いなぁと思いつつも、時間が遅くなったからとお風呂は翌日に持ち越し、眠りました。

そして夜中2時半。
なんだか苦しそうな娘ちゃん。
気付けば授乳中の口の中が熱い。
念の為持ってきていた体温計で測ると、38.5度!!

これはいかんと思い娘ちゃんを抱っこしたまま一階に降りて冷凍庫から冷たい枕と保冷剤を持って部屋へ戻る。

とりあえず授乳して寝るも、やっぱり苦しいのか4時半に起きて授乳。

再度熱を測ると39.2度。

熱はどんどん上がる。

せっかく実家へ泊まりに来たばかりなのに。
今日の予定も色々詰まっていたのに。
でもこれは帰るしかないと判断。

朝からバタバタと帰り支度をしてとんぼ帰りしてそのままかかりつけの近所の小児科へ行きました。

診断は突発性発疹の可能性の高い、ただの風邪。
鼻水の薬と飲む解熱剤カロナールを処方されて家へ帰りました。

ご飯を食べて解熱剤を飲ませて、夕方一旦37.4度に下がりほっとしたのもつかの間、21時頃には39度に熱が上がる。

解熱剤を飲ませてから8時間経っていたので再度解熱剤を飲ませて様子見。

しかしまたもや0時半頃に39度越え。
8時間経っていなかったが、眠れない様子だったので再度解熱剤を飲ませるも、あまり効果なく4時半頃に体温40.1度を記録!!

呼吸もゼェハァして苦しそう。。。

旦那と相談して、近所にある大学病院の救急外来へ行くことに。

そして大学病院の先生曰わく、突発性発疹の喉の感じではないが、断定はできないとのこと。

鼻水と喉の炎症を抑える薬と座薬の解熱剤を処方されて家に帰りました。

座薬の解熱剤は本当によく効いて、数時間後には38度台に下がりました。

また夜には39度台に上がりましたが、熱に慣れたのか比較的元気。しかし、下痢が気になってきた。
翌日も処方された薬を飲ませたり座薬を入れたりして過ごすが、下痢が1日4回に増え心配に。

そして連休明けの火曜日、再度大学病院を受診し、熱が38度台に下がってきたので今度は鼻水の薬プラス喉の炎症の薬に、整腸剤を足して貰いました。

そして帰宅後、熱が37度台にストンと落ちたなぁと思ったら今度はお腹に発疹がたくさん現れました。

汗疹か発疹か迷いつつも様子を見ていると、発疹は全身に広がり始め、今までにないぐらい不機嫌に。
夜泣きも、こんなに泣くの?発作みたい。。。と思うぐらいの愚図り加減。

これは突発性発疹では?と思い友人に相談しつつも、翌日再度大学病院を受診しました。

そして、言われたのは
『おそらく突発性発疹で間違いないでしょう。』


。。。やっぱり突発性発疹だったのか!!


突発性発疹は別名『不機嫌病』と言われているそうです。いつまで不機嫌が続くかは個人差があるようですが、今まで熱以外の症状はほぼ無いと言われていたようですが、半数は下痢になるそうです。
また病院の先生曰わく『ウイルスが原因ですから、風邪の症状が出てもおかしくはない』そうです。

みんなへメッセージやアドバイス

高熱も大変で焦りますが、本当に大変なのは発疹が出てから。
不機嫌がいちばん大変です。
でも一度かかれば二度かかる率は少なく、三度はないと言われているし、
みんな通る道のようなので、頑張りましょう!!
2

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる