カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 大島さんの妊活の本をよんで
妊活

大島さんの妊活の本をよんで [妊娠・出産の体験談]

1026人に読まれました
2015-10-16 09:07
まだ買ったばかりでぜんぶはよみきれていないけれど、初めて妊活の本を購入しました。
どのものがいいのかもわからず、ただなにかよんで勉強したいとおもってさがしました。

明るい妊活ということだったので、最近は凹むことも多かったので、精神的なものとしても魅力をかんじたのでこちらの本を選びました。
このページには低体温についてかかれていました。わたしは昔から低体温だったので、こどものときも熱という熱はでたことがなく、37.0くらいになると、その熱をみただけで、なんだこの高熱は・・頭がフラフラしてきた。と自分で勘違いしてしまうくらい高熱は見慣れていませんでした。

いまは婦人科にかよっていますが、このあいだエコーをみてもらったところ卵がおおきくなっていないということで診断されました。生理が不順だということもあったので、また4日あとにきて。といわれて、どうかなと少し心配しながらいったところ、いつもエコーをみながら「お。いいですね。大きくなっていますね。」という先生が「あとでとなりで話します」と言った一言が気になったところそのときにも卵は成長していないということでした。
頭が真っ白になりましたが、次回の生理のあとには排卵誘導剤をつかうことになっています。
薬はあまりのまないようにしているので、婦人科に通うようになって薬をのんだり注射をしたりすることがでてきたので正直まだそれについていけずに困惑しています。
だけど、低体温ばかりは体質だから。というものでもないから、先生のはなしをよくきいてできることはやっていこうとおもっています。

みんなへメッセージやアドバイス

大島さんのことが好きになりました・・。
0

上へもどる