カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. つわり中の私と夫
妊娠中の生活

[4w]つわり中の私と夫 [妊娠・出産の体験談]

745人に読まれました
2015-10-31 09:40
優しいが、やや頼りにならず
  • 夫は理解してくれた


    夫はとても出張の多い仕事なので、月の半分以上は家にいません。
    つわりがひどい中、そんな夫の仕事が終わり、一旦帰ってきました。
    と言っても、2、3日経つとまた出張でいなくなります。

    我が家は夫が通い婚のような状態です(笑)

    出張前に夫が見た私は「毎日パート」「家事もちゃんとする」「朝起きて夜寝る健康的生活」
    人間でした。

    掃除は時々さぼっちゃうけど、
    夫が帰ってきた時はきれいな部屋になるようにしていました。

    今の私は「パートをやめて無職」「掃除をあまりしないので部屋が汚れている」「寝っぱなし」
    夫はつわり状態の私を見てどんな反応をするのか・・・。

    文句言われるのかな、とちょっと心配していたのですが、
    離れていた間ラインでずっと、

    「つわりがきつい~!」

    と散々訴えていた結果、夫はつわり=大変ということが理解できていたようで、
    私が一日布団に伏せっていても

    「俺のご飯は?」
    「部屋掃除しろよ」

    というような、まとめサイトでよく見る鬼畜夫にはなりませんでした。

    これはとても助かりました!
    自分でやろうと思っても、体がだるいのと臭いで物理的にできなかったんです、本当に。

    「つわりは甘え」という考え方をする方も一定数いるようですが、
    もし自分が面と向かってそんなこと言われたら、
    絶対落ち込みます!
    そのまま鬱になる自信もあります!!

    そういうことを言う人って、子どもいらないのかな?
    妊婦さんに負担をかけるだけの言葉なのに。



  • つわり中の夫の食事

    夫が帰ってきてからは、なんとかお風呂掃除はしましたが、
    料理は臭いがだめで全くできませんでした。

    仕方なく夫に「料理はできないので何か自分の食べる分を買ってきてくれ」と言うと、
    夫は大人しく自分のご飯を買ってきてくれました。

    専業主婦の身分で申し訳なかったのですが、これも夫が理解してくれて良かったです。

  • 食べたいものはリクエスト

    最初私の状態を見て、夫が気をきかせて黙って買ってきてくれたものは、

    ゼリー
    プリン
    ポカリ

    でした。

    しかし、これはどれもその時食べることはできませんでした。
    このラインナップは、私が風邪をひいたときに欲しがったものですが、今私はそれらのものは
    全然ほしくなく、なんとなく食べれるかな、と思ったのは「フライドポテト」でした。

    つわりと風邪って全然違うんだなあとつくづく思いました。
    買ってきてくれた夫に買ってきてくれたお礼と、食べられないことを謝りました。

    そして、
    「私がリクエストしたもの以外の食べ物は買ってきてくれても食べられないから、
    買ってこなくていい」と伝えました。

  • そして夫は再び出張へ

    2、3日過ぎ、夫はまた出張の為旅立っていきました。

    つわりの私はひとり残され、また孤独な闘いが始まりました。

    夫がいてくれた時は、話し相手になってくれて気が紛れたり、
    つわりと戦っている私を見てくれている、という謎の安心感があったのですが、それも無くなりました。

    いる時はとっても頼りになるんだけど、いない時が多すぎるんだよなあ…。
    でも、夫が働いているおかげでパートを辞めることもできたし、贅沢は言えないですね。

みんなへメッセージやアドバイス

つわりが大変なママさんは、せめて配偶者には理解してもらうようにしましょう!

その為には、やはり「伝えること」が大事です。
体がきつかったら、無理をせずに、「私はきついです」ときちんと言葉で示すことで相手の理解が得られます。

私も痛みや不満は我慢して溜めておくタイプだったのですが、我慢してもしょうがない!
アピールするのが大事なんだとつわりになって気づきました。
3

妊娠4w前後の体験談

妊娠中の生活の人気体験談ランキング

上へもどる