カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 赤ちゃんが生まれたとき、上の子はさみしくて泣いちゃいました!
トラブル

[40w]赤ちゃんが生まれたとき、上の子はさみしくて泣いちゃいました! [妊娠・出産の体験談]

2107人に読まれました
2015-10-19 15:18
ママのお腹にあかちゃんがいるってわかった時、上の子は大喜び♪
人一倍、赤ちゃんが大好きで、よその赤ちゃんのヨダレを積極的に拭いてあげたり、手をさわってみたりしていたものだから、自分のお家に赤ちゃんが来るなんて!!最高!!って感じでした。

いざ、出産で入院した時、おばあちゃんちでお留守番はさみしかったみたい。病院に毎日会いに来て、生まれた赤ちゃんをみてナデナデしたり、匂いをかいだり。でも、帰るときはやっぱり泣いてしまいました。お別れがさみしくて、私も涙がちょっと出てしまいました。
その時、上の子は2才5か月でした。

上の子のケアもしてあげないといけないと思いつつ、やっぱり生まれたばかりの赤ちゃんのお世話は大忙し。
ある夜、寝るときに
「おしっこもれちゃった。」
ん?さっき、おしっこしたのに出ちゃった?
そして、パンツとズボンのお着替え。
また、数分後
「おしっこもれちゃった。」
また、お着替え。
これが一晩の間に全部で5回続きました。
その日だけの出来事でしたが、やはり小さいながらに今までとは違う何かを感じ取っていたんだなぁって思いました。

上の子だけの時間を取ってあげようと、切に思う瞬間でした。

その後は、一緒に赤ちゃんのおむつ交換をしたり、抱っこしたり、お散歩したり。
上の子は自分が小さいママだと思うようになり、時には人形を赤ちゃんに見立てて授乳や寝かしつけをするなど母性本能を炸裂させるようになりました。
今では彼女の夢は保育士さんです!

みんなへメッセージやアドバイス

一時的な事とは言え、上の子の赤ちゃん返りで焦りました!
うちの場合は、上の子タイムを作ることで解決しました!
1

妊娠40w前後の体験談

上へもどる