カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 【発達障害様子見】親子教室
ママの悩み

[2歳]【発達障害様子見】親子教室 [育児の体験談]

632人に読まれました
2015-10-21 11:27
1歳半検診で言葉の遅れを指摘されて、2歳から参加できる市で行っている親子教室となるものを紹介されました。

少人数グループでおもちゃで遊んだり体操をしたりして言葉の発達を促したりするそうです。


息子は2歳になってもそこまで言葉の爆発が起きなかったので、紹介された親子教室に通うことになりました。

親子が5組ほどで、最初の20分は好きなおもちゃで遊びます。

ここで子供同士の「かーしーて」などのコミュニケーションを期待していたのですが、似た者通しが集まるクラスなのでそういったことは全くありませんでした。笑


中にはすぐに手が出てしまう子や癇癪を起してしまう子も。(言葉が遅いアルアルですね)

息子はそう言ったことはなかったのですが、黙々と気に入った遊びをやり続けるという感じ。


そのおもちゃをほかの子に取られても怒ったり叩いたりするわけでもなく、スーッとその場からいなくなる。

子供にはそれぞれ保護者がついていますが、そのほかにも心理士さんや保健師さんが何人もいるので、トラブルには柔軟に対応してくれました。


「この子こういうところがあって…と子供の行動を見ながらその場で心理士さんにアドバイスを貰ったりととても有意義な時間が過ごせたと思います。


保護者同士も「お互いさま」というのがあたりまえなので安心して見ていられました。


こちらの親子教室のおかげで、少人数ならなんとか団体行動ができるようになってきました。

今まで音楽に合わせて踊ったり歌ったりということはあまりなかったのですが、輪の中に入って踊るところを見たときは感動しました。


1歳半検診で言葉の遅れを指摘され、2歳からこういった療育がスムーズに受けられたことはとても運が良かったと思います。

なかには1年待ちなんていう自治体もあるようです。


息子の発達にも良かったですし、なにより母親の私の心が休まる場所ができたと思いました。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる