カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 子供の病気の体験談!(小腸狭窄編①)
病気と症状

[0歳0ヶ月]子供の病気の体験談!(小腸狭窄編①) [育児の体験談]

526人に読まれました
2015-10-21 14:28
今は3歳半になる娘の話です。
出産前は特に胎児に変わったこともなく普通の妊婦さんと同じように過ごしていました。ただ1度、8か月入った頃だったかな。健診で「赤ちゃんの、腸が少し膨らんでいるような気がしますね~、でも今のところ心配はないので出産後に診てみましょう」と言われた事が頭の片隅に引っ掛かりつつも「でも、心配ないって言われたしー!」とあまり考えないようにしていました。

その後の健診でもその事に特に触れられるでもなく、無事出産しました。当日はナース室で預かってもらい、翌日の朝早くに先生が部屋にいらっしゃり「赤ちゃんが昨日から何も飲めていません。大きい病院に搬送します」と!!何の事だか、どういう状況だか分からないし、娘が大丈夫なのかも分らない。本当に心配でした。すぐにナース室に移動して、「赤ちゃん抱っこしますか?」と聞かれたのでもちろん抱っこ。産まれて初めてまともに抱っこしたのがこの時でした。あの時は不安で涙が止まりませんでした。

その後すぐ救急車が来て病院へ搬送。すぐついて行きたかったけれど、ちょうど休みだった主人に任せて私は一旦自分の部屋で待ちました。

午後には面会に行ったのですが、検査しても病名は分からず、たくさんのチューブにつながれひとまず腸に溜まっている胆汁を出しているとのこと。もちろん口からは何も飲むことが出来ないので点滴です。母乳を飲ませてあげることもできない、抱っこしてあげることもできない。私はそのまま産院ですし、側にいてあげることもできない。病院にいるのに病名すら分らない事が不安を一層つのららせました。          小腸狭窄編②へ
1

0歳0ヶ月前後の体験談

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる