カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 人見知りが始まった
遊び・あやし

[0歳4ヶ月]人見知りが始まった [育児の体験談]

4795人に読まれました
2015-06-01 17:20
人見知りが始まって慣れない人を見ると大泣きでした。
少しずつ慣れさせておばあちゃんに抱っこしてもらいました。
  • もしかして

    4か月に入って2回目の予防接種のときのことです。
    診察室に入った途端に大泣きで先生にもびっくりされました。
    「もう人見知り始まったの?」と聞かれましたが、それまでは全くそんな素振りはなかったのでいいえと答えました。
    しかしその日の夜、帰ってきたパパに抱っこされてまた大泣きしたのです。
    私が抱っこを変わるとピタッと泣き止み、じーっとパパを観察していました。
    これはもしかして人見知りが始まったのかもしれないと思いましたが、翌日にはパパにもニコニコ。
    あっという間にパパ見知りは終わったようでした。
  • 確信と対処

    次に大変だったのはゴールデンウィークに実家に帰った時です。
    おばあちゃん、おじいちゃん、おばちゃんと見慣れない顔が勢ぞろいで、やはり大泣きでした。
    みんなたまにしか会わない孫を抱きたくて必死にあやしていましたが、余計に声を上げて泣いてしまいました。
    ゴールデンウィーク中になんとか慣れてほしいと思い、インターネットで調べてみました。

    人見知りは、赤ちゃんがお母さんと他の人を区別できるようになったと同時に、その人に興味を持っている証拠なんだとありました。
    確かに、大泣きしていた割には目をしっかり開けてじーっと見ていました。
    ただ慣れないためにいきなり近づかれるとびっくりと不安で泣いてしまうんだそうです。
    翌日から親戚一同は構いたいのをこらえて、目を合わさないようにして赤ちゃんが慣れてくれるのを待ちました。
    赤ちゃんは泣かないものの、相変わらず眉間にしわをよせてじーっとみんなを見まわしていました。
    半日くらいすると、おばあちゃんに向かって手を伸ばしました。
    少し触らせてあげて、慣れた様子になってきたときにおばあちゃんの膝の上に乗せてみると大成功でした。

みんなへメッセージやアドバイス

成長の証とはいえ、やっぱり泣くのも泣かれてるのもかわいそうでした。
おばあちゃん達に抱っこしてもらうことができて一安心でした。
少しずつ慣れさせてあげることが人見知り改善の近道なのかもしれません。
1

上へもどる