カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 電車に目覚めた息子
遊び・あやし

[1歳6ヶ月]電車に目覚めた息子 [育児の体験談]

229人に読まれました
2015-10-22 18:36
男の子を育てていると、多くの子が乗り物を好きになると思います。

トーマス、チャギントン、トミカ、プラレール…


うちの息子も例にもれず、鉄道に目覚めたようでした。

1歳半くらいから近くの線路に連れていき電車をみたり。

駅の入場券を買って特急電車(通過するのみ)を見に行ったり。

おもちゃ屋さんのプラレールのジオラマを見たときの歓びようは今でもしっかり思い出せます。


ここですぐにプラレールを購入してあげたくなるのが親心…ですが、収納スペースの問題や、長く遊ぶのか?ということを考慮して2歳の誕生日にプレゼントしました。

息子が寝ている間にレールを組んで、朝起きたらリビング一面のプラレール。

息子大喜びでした。


こんな感じで電車に乗るのも、見るのも、プラレールで遊ぶのが大好きな息子ですが、

電車に興味を持つのって一時的だよ~なんて上の子がいるママさんから聞いていました。


幼稚園に入ると戦隊ものなどに移行することが多いみたいですね。



現在幼稚園の年中さんで、戦隊ものももちろん好きな息子ですが、電車LOVEは赤ちゃんのころから変わっていないようです。

息子に東京都内の地下鉄の乗り換えを聞くと、淀みなく答えてくれます。笑
東京に30年近く住んでいる私でも把握できてないのに!



将来の夢は東急東横線の運転士さん。(まあ具体的だこと)

がんばれ、ちいさな鉄ちゃん!
2

上へもどる