カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 子供の病気体験談!(入院編)
病気と症状

[0歳2ヶ月]子供の病気体験談!(入院編) [育児の体験談]

673人に読まれました
2015-10-23 12:32
小腸狭窄の手術を無事に終えた娘。NICUでの入院生活が始まりました。
産後1週間経ち、少しづつ私の体も回復してきましたが、車で片道30分の病院までの道のりを母に送迎してもらい毎日通うのはなかなか大変でしたが、やっぱり少しでも娘の側にいたいんですよね。NICUへは両親しか入れなかった為、廊下でずっと待っていてくれた母が一番大変だったかもしれません。

手術後、腸が動き出すとお腹がすくらしく夜中泣いてたという話を聞く。この時娘はまだ栄養は点滴だけでした。普通だったらお腹がすいたらママが側にいておっぱいあげれるのにそれがでないもどかしさ。寂しくてひもじくてと娘の気持ちを考えると辛かったですね。

手術から2週間ほど経つとやっと1回10ccほどの砂糖水を口から飲めるようになりました。レントゲンで腸の動きを見て先生の許可がおりました。そこから10ccづつ増やしていきました。
入院から1ヶ月経った頃、ちらっと退院の話が出ましたが検査の結果がよくなく飲める量も減り、吐いてしまって体重も減った時期もありました。このままよくない状態が続くようなら再手術もとのお話。退院の話からの落差が大きくて久しぶりに家に帰って泣きましたね。産後の不安定な状態で私自身、気丈でいなきゃ!と頑張ってましたがかなり危なっかしい状態だったと思います。

そこから何とか持ち直し、少しづつですが飲める量も増え、砂糖水から栄養水、ミルクへ移行しやっと母乳を飲めるようになったのは2ヶ月経ってからでした。母乳になってからは退院まで早かったですが、本当に長い長い2ヶ月でしたね。やっと家に連れて帰れた日の事は忘れません。
そんな娘も今は3歳になり、元気に走り回っておてんばぶりを発揮しています!もう少しおとなしくなってくれたら…と思うことも多々ありますがこの日々の事を思うと本当にありがたい事ですね。

みんなへメッセージやアドバイス

赤ちゃんの生命力は本当にすごいです。親は子供を信じて側にいてあげる事しかできませんが、それが一番大切かなと思います。この病気が分かった時、ネットで情報を調べましたがあまり情報がありませんでした。少しでも誰かのお役にたてたら幸いです。
1

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる