カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 2人目・3人目 >
  4. 二人目妊娠〜一人目との違い〜
2人目・3人目

[20w]二人目妊娠〜一人目との違い〜 [妊娠・出産の体験談]

1286人に読まれました
2015-10-27 15:33
二人目を妊娠したのは、娘が1歳8ヶ月の時です。

娘は人見知りがひどく、支援センターに行っても私の手を引っ張ってウロウロするような感じでした。
しかも言葉も遅かったので、意思疎通できている感覚もありませんでした。
ちなみに1歳半検診では、要観察。大人の言っていることは、おおよそ理解しているだろうとのことでした。

まだまだ赤ちゃんみたいなのに、お姉ちゃんになるなんて大丈夫かなぁと思いつつも
「2学年差で姉妹だったら嬉しいな」とか「つわりとかどうなるかな?」など、嬉しさと不安が入れ混じった感情が次々に湧いてきました。

でも一人目と違って、24時間育児の日々は続きます。
体が少しキツくても、朝寝坊もできず。
自分の食欲がなくても、子どものご飯は絶対に作らなきゃならない。食べさせなきゃならない。
そして皿洗いや洗濯もちょっとサボると、大量に溜まっていく。
横になっていても、泣きながら「構って構って」と来られると起きなきゃならない。
言葉が話せないので、状況を説明してもひとりよがりな感じがしてしまう。

こんな生活なので、仕事をしていた一人目にはほとんどなかった「つわり」が出てきました。
とは言っても、おそらく軽い部類だと思います。
気持ち悪さをごまかすのに一口ゼリーとか一口アイスとか、ちょこちょこ食べたいのですが、娘も欲しがりそう。
そこで、キッチンの隅の死角を使ってコッソリ食べていました。
食べたいものを自由に食べられないのって辛いです。

またつわりの時期、季節は梅雨〜夏でした。
外に遊びに行くのはキツかったので、娘にはベランダで遊んでもらいました。
マンションのベランダですが、小さいプールとペットボトル、ジョウロ、シャボン玉などを揃えておくと、結構な時間、一人で遊んでくれました。
自由に出られるようにしていたので、気が向いたらベランダに行って遊び、飽きたら戻ってくるという感じです。

あとはひたすらテレビ、DVDを見せていました。

こうすることで、私はソファで横になれました。
妊娠5ヶ月になりつわりが終わると、外出も出来るようになり、家事も育児も妊娠前のようにこなせるようになりました。
私に場合は、ここからは楽になりました。

あと違うのは、妊婦検診に子連れでいかないとならないこと。
待ち時間が長いことが多いので、キッズスペースのある病院がオススメです。
その部屋にいれば絵本やオモチャがあるし、子連れママさんばかりなので気が楽です。
また私は予約なしの産婦人科だったので、午前中でしかも空いていそうな時間帯を選んで通いました。午後からはお昼寝がありますし。
混んでいるとお昼ご飯の時間になるので、パンやおやつは必須です。

胎動やお腹の膨らみは、明らかに一人目より早く感じましたよ。
子どもがいると生活全般が変わってくるので、妊娠後の生活もある程度予想は出来るかもしれませんが、
体がキツイ中で育児するには大変でした。
切迫流産になる方も多いようなので、どうやったら休めるかを工夫して出産まで乗り切りたいですね。

みんなへメッセージやアドバイス

色々と違ってくる二人目妊娠生活ですが、一度経験しているし、上の子のお世話でバタバタしているからか、
特に感動などもなく、あっという間に終わってしまいます。

ただ出産への恐怖は、一度経験していることで増してしまうかもしれません。

でも妊娠も出産も、一人目と二人目で違うことが多いと聞くので、覚悟を決めて臨むしかない!と思います。
2

妊娠20w前後の体験談

上へもどる