カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 妊活で深まった夫婦の絆
妊活

[16w]妊活で深まった夫婦の絆 [妊娠・出産の体験談]

695人に読まれました
2015-06-15 11:19
体外受精で授かり、妊娠5か月になりました。
ようやく安定期に入り、ひと安心しているところです。

ここまでの道のり、とても長い様に感じます。
ですが、あきらめず頑張ってきて本当に良かったとおもいます。

結婚後タイミングで半年程トライしましたが、授からず、不妊治療専門のクリニックへ出向きました。
夫は私以上に子供を欲しがっていたので、クリニックに行く事も意欲的でした。

先ずは一通り検査をしましょうという事で、子宮の状態、血液でホルモン値を見たり、卵管の通水検査など。
もちろん、夫の検査もしました。なかなか旦那様が受けたがらないという悩みをよくネットなどで見ていたので、抵抗なく受けてくれた事には本当に感謝しています。

特に問題は無いという事で、排卵の時期をみてもらいタイミング指導を受けながら3ヶ月。
一度妊娠をしました。正確には受精し着床しかかったところで化学流産でした。
初めて妊娠検査薬で陽性が出てとても喜んでいたので、流産した事はとてもショックでした。

その時傍に寄り添って、取り乱す事なく支えてくれた夫のお陰でもう一度頑張ろうという気持ちになれました。

それから半年、しばらくタイミングを続けましたが、その間に1歳年をとり、自分達で決めていた一人目を授かる目標年齢を迎えた為、思い切って体外受精にステップアップしました。
低刺激法、採卵数4、そのうち5日目で胚盤胞まで育った受精卵を採卵した周期の新鮮胚で移植しました。
先生がお腹に手をあてて下さったおまじないが利いたのが、1回目のチャレンジで授かる事ができました。
一度お空に帰ってしまった命が、元気になって戻ってきてくれたんだと思うと、余計に愛おしく感じます。

生理が来るたびに落ち込んだり泣いたりする私とは反対に、いつでも平常心で寄り添っていてくれた夫に、心から感謝しています。

どんな授かり方であれ、夫婦にとって大切な命には変わりません。
思い切ってステップアップして良かったとおもいます。

1

妊娠16w前後の体験談

上へもどる