カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 子どものせいでイライラしても、子どものおかげでまた優しくなれる
ママの悩み

[1歳1ヶ月]子どものせいでイライラしても、子どものおかげでまた優しくなれる [育児の体験談]

258人に読まれました
2015-10-28 20:38
1歳を過ぎてとにかく起きている時間が長くなった娘との1日は、思っていたよりも大変です。

朝6時過ぎにパッチリと目覚め、とりあえずひと泣きして私を起こしてくれます。
あまりにも眠くて起き出せずにいると、泣き止んで文字通り叩き起こしに来てくれます。すぐ横で寝ている私の顔をベチペチペチペチ!

そしてここからが全ての始まり…そして私の自由の終わりです。

朝ごはんを準備しているあいだは家の中をチョロチョロして散らかしまくります。「なんでオモチャが片付けてあるのよ!」ってなもんでしょうか。とにかく全てのオモチャを出します。遊ぶわけでもないのにとりあえず出したいらしい…謎。

朝ごはんを食べている間はおとなしいです。ごはんはしっかり散らかしますが。

パパを玄関で見送り、着替えたらまたチョロチョロ動き回り始めます。一人で機嫌よく徘徊してらっしゃるので、私はこの隙に家事をします。

家事がひと段落ついてもまだ朝の9時…。元気いっぱいの娘はこの頃すでに狭い我が家を徘徊するのに飽きています。

なので、9時から出かける準備をして、朝の捕食に小さいおにぎりを食べさせてから出かけています。今までならこの時間は朝寝タイムだったから、私も仮眠をとれたのに…。

そこからは公園行ったり、児童館に行ったり…とにかく娘がめいっぱい動き回れるように広いところへ連れ回します。

疲れたらベビーカーでの移動中にグッスリ寝れる娘。反対に、どんなに眠くても疲れていてもベビーカーを押して歩き回る私…。

お昼過ぎには疲労感たっぷり。この時にわけのわからないグズグズが出てくるとついイラっとして怒ってしまうこともあります。情けない…。

今日も「もう!いい加減にしてよ!うるさいなぁ」と大きな声で言ってしまいました。

あー、またやってしまったと一呼吸置いてから、「ごめんね、おいで。抱っこ」と腕を広げると、キツイ言い方をしてしまったばかりなのにものすごく嬉しそうにニコニコして駆け寄ってきます。

この娘の寛大さにいつも救われます。私が疲れていてイライラして八つ当たりしただけなのに、「ママ大好き」を伝えてくれる。

この子が無償の愛をくれるから、この子の親だという自信がついてきたのかも、と娘を1年と少し育ててきて思いました。

あなたの親でいさせてくれてありがとうと、娘の寝顔を見て反省と感謝をした日でした。

みんなへメッセージやアドバイス

子どもを産むまでは、イライラしてキーキー怒る育児はしたくないなぁと思っていました。自分の母親がそうで、私はそれがすごく嫌だったから。でも現実はそんなうまくいかなくて、結局自分の母親と同じことしてる…って落ち込む毎日です。
でもこうして娘が励ましてくれるから、なんとか頑張れています。
2

上へもどる