カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 長女、初めての高熱
病気と症状

[0歳10ヶ月]長女、初めての高熱 [育児の体験談]

867人に読まれました
2015-10-29 18:51
長女が初めて高熱を出した時のことを書こうと思います。
  • 38.2℃

    下痢をしたり、鼻かぜをひいてしまったり、肌が乾燥で荒れてしまったりしたことはありましたが、ママからの抗体が効いてくれていたのか運が良かったのか、38.0℃以上の熱を出すことはなく10か月が過ぎていました。
    少し前からパパが風邪をひいていて、自宅でもマスクをしたり、別の部屋で寝たりと気を付けてくれてはいましたが、うつってしまったようでした。
    日曜日の夕方、何となくいつもと違う、身体が熱い気がすると感じ熱をはかってみると38.2℃ありました。
  • 冷静なママ、テンパるパパ

    熱が出ていることを休みで家にいたパパに知らせると、「大変だ!!!」といって、慌てふためいていました(笑)
    「意識もあるし、苦しそうでもないから、病院に行けば大丈夫」といったものの、日曜日でかかりつけの小児科はお休みでした。地元でもなく、わからなかったので、子供が急病の時に意見をもらえるダイヤル?に連絡して聞いてみることにしました。
    私が話を聞いている間も、パパは今にも娘が死んでしまうのではないかというくらいのあわてようでした(笑)
  • 救急病院に受診

    初めての高熱で心配だろうからと、総合病院に救急で受診することを勧められました。
    アドバイス通り、準備をして娘を連れてパパの運転で向かいました。
    その道中も、パパの方が心配になるほどでした。
    しばらく待って、診察してもらいましたが、シロップと、もっと熱が高くなってしまった時のために座薬をもらって帰宅し、翌日かかりつけの病院に行きました。
  • パパがテンパる理由

    ママよりもパパがあわててしまうおうちも少なくないと思います。
    でもうちのパパがあわてるのには理由がありました。
    パパの知り合いの子が、高熱で熱性けいれんになってしまって、その後障害が残ってしまっているからです。
    その子のかかりつけ医が、熱は無理に下げないという方針だったようで、ママさんは心配で何度も診てもらっていたようですが、夜中に40℃の熱になってしまい、けいれんが起きてしまったようです。私も話は聞いていたし、心配もしていたので、実際娘がそうなってしまったらどうしたらいいんだろう?と思いましたが、パパがあわててくれたおかげもあって、冷静でいられました。

みんなへメッセージやアドバイス

小さな子供は自分では苦しさを訴えられないし、短時間でも病状が変わってしまうこともあります。前回と同じだからとか思っても、こまめに様子を見てあげてくださいね。
2

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる