カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 気分転換にお隣の市の支援センターへ。
おでかけ

[1歳1ヶ月]気分転換にお隣の市の支援センターへ。 [育児の体験談]

174人に読まれました
2015-10-29 20:22
今のアパートに引っ越してきて半年が経ちました。

2つの駅のちょうど中間地点にあり、最寄り駅が二駅という立地なので、支援センターや児童館や公園は2つの地域分行けます。しかも徒歩圏内。なのでベビーカーをフル活用して、いろんな場所へ娘と遊びに行くようにしてきました。

特に、ハイハイをするようになって以降は広いスペースで室内遊びができる支援センターや児童館にはとてもお世話になってきました。

でも、半年間ほぼ毎日遊びに行くと2つの地域の施設や公園も、もう何度目〜って感じで親の私が飽きてきました。

娘は飽きてる様子はなく、各施設でお気に入りのオモチャを見つけたらしく毎回それに飛びつき楽しそうに遊んでいますが…。

どうせ出かけるなら私も気分転換になる方がいいなぁと思ったので、いつも行く児童館に置いてある近隣地域の支援センターやお出かけ広場のチラシをチェックしてみました。

すると一か所、行って見たいなぁと思える施設が見つかり、さっそくその日にその施設のホームページを見てみました。

そこはお隣の市の支援センターらしく、室内遊びができる部屋が3部屋、プラスお庭もありそこにも遊具があるとのことでした。最近娘がしっかり歩けるようになり、外遊びもジャンジャン取り入れたいと思っていたところなので、お庭で遊べるというのがとても魅力的でした。

場所を調べて見ると、いつも遊びに行く支援センターから徒歩で行ける場所でした。市の境に住んでいるので、お隣の市といっても本当に近いです。

翌日、さっそく遊びに行きました。そろそろ着く頃だなぁと、ふとベビーカーの娘を覗き込んでみるとグッスリ寝てました。

いや、もう着くんだけど…あなたが遊ぶ場所だからあなたが寝てたら意味ないんだけど…

仕方ないので、その支援センターの目の前にある大きな公園で一休みしました。ま、こんな風に一人でぼんやりできる時間も貴重なのでラッキーと思うことにしました。

10分ほどしたら娘が起きたので、支援センターに行き、思う存分エンジョイしてきました!違う場所に行くといつもと違うオモチャがあったりして、新しい娘の反応が見れるのでこちらも楽しめました。

みんなへメッセージやアドバイス

小さい子を連れて一人で出かけるのって大変ですが、たまには少し足を伸ばして違う地区の児童館や支援センターに遊びに行くのもいいもんですね。秋晴れの下、ちょっとした遠足気分でいつも同じことの繰り返しの毎日から抜け出せてリフレッシュできました。
2

上へもどる