カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 助産師さんとの会話。ママのまぁいっかぁを増やしていく。
ママの悩み

[1歳1ヶ月]助産師さんとの会話。ママのまぁいっかぁを増やしていく。 [育児の体験談]

378人に読まれました
2015-11-02 07:59
出産してから、助産師さんや保育士さんとお話するのが好きになりました。

何百組もの赤ちゃんとお母さんを見てきている助産師さんや保育士さん。そんな方たちに、今の私と娘の様子を見てもらうと私たちに合うアドバイスをもらえたりするからです。

最近では、断乳後のおっぱいケアで助産院に通っているので、その時にベテランの助産師さんとお話する機会があります。

預けるところがないのでいつも娘を連れていきます。おっぱいケアの間は同じ部屋で娘は自由に遊ばせてもらっています。オモチャはいつも持参するのですが、途中で飽きたら助産院に置いてあるオモチャをお借りしています。

おっぱいケアの間に、妊娠中のこと、出産の日のこと、産後すぐの頃のこと、そして今の育児のこと、いろんなお話を聞いてもらっています。

先日のおっぱいケアの時は今の娘の話になりました。1歳になってから、自己主張がますます激しくなり、「あれがしたい」「これいらない」「そんなことしないで」などなど、ハッキリ言葉で言うわけではないのですが「あー!!」や、キーキー声で伝えてきます。
狭い家の中でこれをされると頭がワンワンするぐらいの大声に感じます…。と私が愚痴を言うと、

「この頃はしつけなんて無理よ。赤ちゃんだって、ママがダメって言ってるのにワザと面白がってしてるときもあるし、まだ言葉がわからなくってしてるときもあるし。して欲しくないことをしたり、触って欲しくないものを触ったりするけど、いちいちダメって言ってたらキリがないでしょう。」

「そうなんですよねぇ…。もう諦めて危なくないものならいいやって放置してます。死にかけなければ多少の怪我もいいやって。」

「そうでしょ。それでいいのよ大丈夫大丈夫。それとね、この子が何かそうやって触ったり、夢中でイタズラしたりしてるときは、しゃがんで同じ目線になってどうしてそれを触りたいのか、何がしたいのかを観察してみるといいわよ。そしたらね、この子がしてる事が面白く思えるから。なんでそんなことするの!じゃなくて、そんなことしたいのね。面白いなぁって思えたらラクよ。」

「まだ1歳過ぎたばっかりでしょ。イタズラなんてまだまだ、これからが本番よ(笑)。ママの、まぁいっかを増やしていかないと追いつけないわよ。」

と、こんな感じの会話になりました。

「ママの、まぁいっかを増やす」という言葉が、ストンと私の心の中で落ち着きました。

娘のイタズラを思い返してみて、ママがして欲しくないことは多いけれど、本当にしてはいけないことって少ないなと思いました。

娘が寝るまではうちの中は散らかしっぱなし。まぁいっか。

みんなへメッセージやアドバイス

最初は、娘が遊び終わったそばからオモチャを片付けて、食べこぼしたそばから拭いて、引き出しから物を出し終えて飽きたらすぐ片付けて…って一日中娘の後を追いかけて片付けをしていました。

でもキリがないしバカらしくなりました(笑)お客さんが来るわけでもないし、自由に遊ばせようと片付けをやめて娘と一緒に遊ぶようにしてみました。散らかってても死ぬわけじゃないし、イライラするぐらいならしなくてもいい!
1

上へもどる