カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. あの父が!孫が産まれて別人になった!!
産後

[41w]あの父が!孫が産まれて別人になった!! [妊娠・出産の体験談]

678人に読まれました
2015-10-31 00:01
♪なんでこんなに可愛いのかよ
大泉逸郎さんの「孫」という曲をご存じですか?

私の父はイクメンというものが存在しない時代の、仕事一筋・無口で頑固な父親でした。
子供の運動会などの学校行事は母に言われてやっと観にくる、家族旅行はほとんど仕事でいないなど、育児というか子供にほぼ関わっていませんでした。無口で頑固な上に無愛想も加わって、普通の状態のときに私の友達から「お父さん、怒ってる?」と聞かれるような人です。

私が一人目を妊娠したとき、先輩ママさんの旦那さんに「お父さん、孫が産まれたらすごい喜ぶだろうね」と言われました。その言葉に私の旦那と目を合わせて「…いやぁ~…」と『まず、ないな』と心の中で断言しました。その反応を見て先輩ママさんの旦那さんは「いや、変わると思うよ~。」と熱弁してくれたのですが、それでも『いや、うちの父はない』と頑なに否定してました。

臨月になり、もうそろそろ産まれそうな朝。私の母が父に「産まれそうになったら連絡するから」と言ったのに対し、「ん。」と気のない返事。まぁ、こんなもんだろうなと思ってました。いざ、出産した日でもあまり関心があるように見えませんでした。(私自体、初めての出産で余裕がなかったので父のことに気がいってなかったのもありますが。)

ところがところが。
人って変わるものですね。
退院して家に孫が来た途端、変わったんです。とにかく孫の顔を見に来る!出勤前の朝、仕事から帰った夜、寝てる赤ちゃんの顔を見る見る。たまにほっぺたを突いたりして、私の知っている父ではなくなりました。(笑)
以前の父ならまず間違いなく呼び捨て(例えば「たかしくん」なら「たかし」)で呼ぶだろうに、まさかの「〇〇ちゃん」(「たかちゃん」)!

ここで大泉逸郎さんの「孫」の出番ですよ。
♪あんたにそっくりだよと言われりゃ嬉しくて下がる目じり(改変あり)

息子は父の父、つまり私のおじいちゃんにそっくりなんです。間違いなくうちの家系の顔、ということもあるんでしょうか。とにかく孫一筋になりました。

息子がまだあまり歩けない、というかあまり歩きたがる子ではなかったこともあり、帰省して一緒に出掛ければほぼ父が息子を抱っこして歩いてました。
出かけた先で、「何のおもちゃが欲しい?」とニコニコ。
息子が風邪を引けば必ず電話。「大丈夫なのか」「病院は行ったか」
「薬はちゃんと飲ませたか」。……自分の子供とはえらい違いだなぁーと私の母と苦笑い。

ここでもまた「孫」の出番。
♪親の役割、孫に返しているところ

ということでしょうか。
帰省したら、孫と戯れて遊んでいる父が見れて新鮮です。可愛がってくれることはいいことですし助かりますが、その横で若干呆れている私の母がいます。(笑)
1

妊娠41w前後の体験談

上へもどる