カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 脱水症状ギリギリの吐きづわり。何を食べる?
つわり(悪阻)

[7w]脱水症状ギリギリの吐きづわり。何を食べる? [妊娠・出産の体験談]

6561人に読まれました
2016-08-03 16:30
突然始まった吐きづわり。妊娠したかな?と思い病院へ行ったのはまだ7週目に入ったばかりのころでした。
一人目、二人目、三人目とつわりの症状もそれぞれでしたが、一番ひどかったのが三人目の妊娠のとき。7週目から始まったつわりは21週目くらいまで続き、約2か月間、毎日の吐き気と闘いました。
  • 食べれるもの、食べれないもの

    三人目の妊娠のときのつわりは「吐きづわり」。
    食べたら吐く、飲んでも吐くの繰り返しでした。
    そのせいか、体力が衰え上の子2人の子育てもいっぱいいっぱいでした。
    何か食べなければ倒れてしまう…なんとかして体力を付けなければと、食べても気持ち悪くないものを自分なりに研究。栄養に偏りはありますが、これが私が口にしていたものです。

    ・炭酸水
    ・ルイボスティー
    ・プリッツ
    ・マックのポテト
    ・刺身
    ・大根おろし(ポン酢)
    ・レモンのはちみつ漬け

    約2か月間、ほとんどこれだけで過ごしました。
    もちろん、食べても吐くことが多かったので2か月で約5キロ減。
    血液検査では脱水の数値さえ出ていました。
  • 吐き気には波がある。食べれるタイミングで食べる!

    1日中吐き気が続くわけではなく、たまに調子がいいときがあったのでそれを見計らって、とりあえずなんでもいいから食べる!を心掛けていました。
    よく、赤ちゃんの分まで食べなさい!と昔の人は言いますが、赤ちゃんは母親が食べてなくても問題なく成長します。なので、食べたくないときは無理して食べる必要はないと思います。

    もし、食べては吐きたくなったら我慢せず吐けばいいし、吐いたらスッキリして気分も少しですが良くなります。私はそうやって2か月を乗り切りました。

みんなへメッセージやアドバイス

つわりの症状を軽くすることはできませんが、私の経験上、気持ち悪いときは吐く!これが一番の解決策でした。
つわりの症状も期間も人によって違いますが、気分転換に散歩するのも効果的です。
赤ちゃん誕生までいろいろと大変なことがあると思いますが頑張って乗り切りましょう!
1

妊娠7w前後の体験談

上へもどる