カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 我が子の個性を受け入れる
成長の目安

[2歳]我が子の個性を受け入れる [育児の体験談]

336人に読まれました
2015-10-31 17:26
2歳頃から、成長に個人差が分かるようになってきます。
我が子にもありました。
上の子は10ヶ月ごろまで寝返りをしませんでした。
お座りはしますが、あんまりハイハイもせず。
ハイハイしても立つことにはあまり興味がなく。
転がしたら転がったまま。
親としてはこんなに楽な赤ちゃんはいませんでしたね。
でも。
赤ちゃんクラブでも、同じ年頃の子はどんどん動き出しているのに、と気になっていました。

それでもまあ、ゆっくりと我が子なりに成長していきました。
2歳頃未就園のクラブでは、だんだん活発な活動に移り始め、みんなで踊ったり運動したりしていました。
その頃の我が子は。
ひたすらコンビカーを乗り回し、みんながダンスしているのに、全く別行動。
この子大丈夫かなぁ、と心配になったものです。

実際、2歳から3歳にかけて、発達の遅れなどの障害が見つかることが多いようです。
私の友達もこの時期に発達障害が発覚したりしていました。
イヤイヤ期にも入っていき、可愛いばかりではなくなっていきます。

集団行動ができそうにない、と心配した我が子でしたが、幸い幼稚園生活は順調にすすみ、毎日楽しく過ごすことができました。
色々な子ども達との関わりもありました。
クラスには発達障害の子もいました。
それでも、我が子よりも長けた部分が沢山あったりして、すんなり個性と感じていました。

どんな子にもそれぞれに個性があって、親子で色々な問題を乗り越えていくんだなぁ、と感じてします。
障害があっても、性格があわなくても、我が子を受け入れて育んでいく。
子育てを始めてから、人としての成長があるな、と感じる今日この頃です。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる