カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 行事 >
  4. なんか気づいたらハロウィンが当たり前になっている!
行事

[1歳1ヶ月]なんか気づいたらハロウィンが当たり前になっている! [育児の体験談]

258人に読まれました
2015-10-31 21:06
我が家はいつも、娘のひと泣きで朝が始まります。だいたい6時半頃にウェーンと聞こえ、起きれなくて放置していると顔をペチペチ叩いて文字通り、叩き起こしてくれます。

そこから10時頃まで娘はノンストップで動き回って遊びます。早朝からすごく元気。若いからですかね。

わたしは娘がご機嫌でイタズラ、いえ、一人遊びをしている間にパパっと家事を終わらせます。

そして娘が眠くなりグズり始めると買い物に出かけます。

昨日もそんな感じで家を出ました。期待通り、駅前のスーパーに着く頃にはグッスリ。その日はスーパーへ行く以外にも駅前の商業施設で買いたいものがあったので、娘が眠っているうちにゆっくり買い物をしたいなぁと思いそちらへ向かいました。

商業施設の前の広場には、近隣の保育園の子どもたちが朝のお散歩に来ていました。いくつか別の保育園の子どもたちがお散歩していたのですが、なんと!どの保育園の子どもたちもハロウィンの仮装をしていたのです。

ちっちゃなカボチャやドラキュラ、プリンセスやチビお化けたちが手を繋いできちんと2列に並んでトコトコ歩いているのです。お揃いのカボチャのバケツを持って。

保育園のお散歩でこんなのをしているのを初めて見たのですが、もう可愛くて可愛くて…すれ違う人たちみんながニコニコして見守っていました。もちろん私も思わず笑顔になって「かわい〜」とつぶやいていました。

市販の衣装を着せている保育園もありましたが、園児たち手作りの衣装や仮面を着せている保育園もあって、本当に微笑ましい光景でした。

ここ数年で急に日本で盛り上がるようになったハロウィンで、若い人たちの奇抜な衣装に戸惑うこともありますが、こんな可愛い仮装行列が見れるならハロウィンもいいもんだなぁと思いました。

うちの子もいつか好きな仮装してお友達と楽しむのかなぁと、少し先の将来が楽しみになりました。

ちなみに、うちの子用の衣装を近所のお店で探して見たのですがサイズ80のがありませんでした…。1番小さいので3歳ぐらいの子用だったので、今年は100均のカチューシャとお化けマントでプチ仮装にしました。もう少し大きくなったらもっといろんな衣装が選べて楽しいんだろうなぁ〜。

みんなへメッセージやアドバイス

ハロウィンの衣装を準備したり、大変に思うこともあるかもしれませんが、子どもたちのあんな笑顔を見れるならハロウィンの波に乗ってみようかなぁと思っちゃいました。
0

行事 の人気体験談ランキング

上へもどる