カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 流産後の妊活〜早期妊娠検査薬〜
妊活

流産後の妊活〜早期妊娠検査薬〜 [妊娠・出産の体験談]

388人に読まれました
2015-06-18 07:03
私は昨年7月に結婚し、8月に妊娠発覚、9月に9w6dで稽留流産となりました。
そして今年の1月に再び妊娠発覚するまで4ヶ月程妊活に励んでいました。

妊活をしている方が必ずと言っていいほど通る道、それは早期妊娠検査薬をどこで手に入れるか、という問題だと思います。
私も妊活中に早期妊娠検査薬の存在を知った時、ネットで検索をしまくったものです。

「早期妊娠検査薬」
一般的に販売されている妊娠検査薬が生理予定日1週間後から使用できることに対し、生理予定日から使用できる感度の良い妊娠検査薬

早期妊娠検査薬ですが、現在日本製のものは薬剤師さんのいる薬局で買うことが出来ます。しかし普通の妊娠検査薬は棚に陳列されていてレジに持って行けば買うことができるのに、早期妊娠検査薬は薬剤師さんにたずねて説明を聞いた上で、住所と名前を記入しないと買うことができません。

妊娠検査薬を買う際に気になるのが「この人また検査薬買いに来てるわ〜」と思われていないか、ということ。それが住所と名前を記入しなくてはならないとなると、顔を覚えられてしまう確率が増すということ。
これは少なからず妊活中のストレスとなります。

そこで私がとった方法はネットで早期妊娠検査薬を買うということ。そこで見つけたのが海外製の早期妊娠検査薬というものでした。
日本製の早期妊娠検査薬は結構いい値段します。いくら安い所を探しても500円は下らない。ところが海外製のものであれば、なんと1本あたり50円台で買うことができるのです。もちろんまとめ買いになるのですが、妊活中であれば検査薬はより早くから使用したいもの。たくさんストックがあれば、安心して使えるところがいうもの。

ほとんどの通販サイトで排卵検査薬と早期妊娠検査薬を組み合わせて買うことができるようになっているので、試しに買ってみてはどうでしょうか。

みんなへメッセージやアドバイス

少しでもストレスのない妊活をするために、通販サイトは役に立ちます。
1

上へもどる