カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 知育 >
  4. 片付けのさせ方、子供のノせ方。
知育

[3歳]片付けのさせ方、子供のノせ方。 [育児の体験談]

284人に読まれました
2015-11-05 22:24
1歳くらいって、「さあ、お片づけをしよう!」っていうと遊びの延長のように楽しんで手伝ってくれたものでした。「ここに入れて」「ねんねさせてあげようね」というとニコニコで真似してくれたものですが、2歳代、3歳代になると急に「イヤ!」とか「まだ遊ぶ!」なんて言って拒否するようになります。
そんなとき、私はなんとか片づけをさせようと手を変え品を変え頑張るのですが、成功率は6割くらいでしょうか・・・。結局は私が大半を片づけることになるのですが、言わなくなったら本当になにもせず散らかしっぱなしなので、子供部屋はともかく家族共用のリビングだけでも「おやすみなさい」の前に片付けるというルールを作っています。

うちは夜ご飯→お風呂→リビングの片付け→2階に上がって歯磨き、就寝という流れでスケジュールを組んでいるので、だいたい8時になったら片付けるようにしています。急に「はい、片付け!」といってもほとんど「まだ遊ぶ~」と言われるので、10分前くらいから「もうすぐ時間だよ~、片づけしようね~」とジャブを入れておき、少しずつ私が片づけを始めます。
そして、子供が近くに来たときに「あ、これおもちゃ箱に入れといて~」とさりげなく頼んだり、「このおもちゃの部品一個ないよ~。探してきて」と言ってみたりします。それに乗っかってくれるようであれば、さらに片付けを指示し、どんどん進めていきます。

「まだ遊ぶ!」と言われたときは、塗り絵をしているなら「これ全部塗り終わったら片付けできる?」とか、おままごとしていたら「アンパンマンお腹いっぱいになったらお片づけしようか」という風に区切りを決め、終わったタイミングですぐに片付けに誘導します。「はい!終わったね。お片づけできるかな~?できるよねぇ、すごいなぁ!」と先に褒めておくのもいいです。乗せられてするときもあるのです。

たま~に、いつまでも遊びが終わらないと怒ってしまうこともあるのですが、なんとか子供自身が片づけを少しでもやってくれるように、日々工夫しています。毎日の積み重ねが大事だと思うのです。


2

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる