カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. ミルクと母乳「混合授乳」のメリット・デメリットとは?
産後

[40w]ミルクと母乳「混合授乳」のメリット・デメリットとは? [妊娠・出産の体験談]

262人に読まれました
2015-11-06 17:54
私は現在2ヶ月になる男の子の育児に奮闘しています。
私は子供が生まれる前までは「完全母乳」で育てよう!と意気込んでいたのですが、
実際はと言うと…
出産しても少ししか張らないおっぱい。
あえなく完全母乳での育児を断念することに…
それからは母乳で飲みたらなかった分をミルクで補う混合授乳をすることになりました。
混合で育てていると、やはり完全母乳の赤ちゃんよりも太り気味になってしまうし、何よりもちゃんと免疫がついてるのか心配になってしまいます。
しかし、ついこの前混合授乳をしていて良かった!と思ったことがありました。
それは私がインフルエンザにかかってしまった時のことです。完全母乳だと風邪の時の母乳は飲ませられません。それに完全母乳だとミルク慣れしていないので難しいところですが、混合だと、ミルクを渡して母に子供を預かってもらうこともできるので、この時は本当に混合授乳をしててよかった、と思いました。

とはいえ、やはり母乳で育児をするのが一番良いと私は思います。
母乳育児だと赤ちゃんが生きていくうえで大切な免疫もつきますし、夜中の授乳もさっと、おっぱいをあげればいいだけなので楽ちんだし、便通もミルクと比べるとだいぶよくなります。そして、なによりも子供と触れ合える最大のスキンシップの場にもなります。なので母乳をメインにしながら、必要ある時にミルクを飲ませるのが良いかなと思います!(^^)!

2

妊娠40w前後の体験談

上へもどる