カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. おっぱいマッサージは重要
産後

[36w]おっぱいマッサージは重要 [妊娠・出産の体験談]

747人に読まれました
2015-08-03 21:56
妊娠中にもっとおっぱいマッサージをしておけばよかったと後悔しています。
私がおっぱいマッサージという物を知ったのは、妊娠5ヶ月の母親学級でした。初めての妊娠だったので、赤ちゃんを産めば勝手に母乳が出てくるものだと思っていました。実際には、おっぱいマッサージきちんとしておかないと最初はでないそうなのです。でも、おっぱいマッサージをするとお腹の張りが出てくるので、36週にはいってからやることにしました。いざやってみるとよくわかりません。しかもいたいと嫌なので力が入れられないのです。その時は産めばなんとかなるだろうと軽く考えていました。しかし、産んでみてびっくり。出ません。助産師さんがマッサージをしてくれたのですが、激痛です。こんなにいたくなるまでやらなくてはならなかったのかと思い知らされました。なんとか開通してもらい出るようになりました。おっぱいをあげる前に必ず五分位マッサージをすることにしました。すると少しずつ母乳が出るようになりました。何日間か助産師がマッサージしてくれたのですが、本当に痛かったです。
次の妊娠には絶対に事前にきちんとマッサージをしておこうと思いました。そうすればもっとスムーズに母乳育児が出来だろうなと思っています。おっぱいマッサージなんてやらなくても大丈夫なんて思わずにやっほうが良いと言われたことは素直にやるべきですね。ちなみに、結構、ネットで調べると良いというマッサージ方が乗っていました。参考にするのも良いと思います。
1

妊娠36w前後の体験談

上へもどる