カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 子供を溺愛するあまり、出産を機に強くなった私の旦那の話
産後

[40w]子供を溺愛するあまり、出産を機に強くなった私の旦那の話 [妊娠・出産の体験談]

317人に読まれました
2015-11-07 13:31
私は昔から虫が大の苦手。そして旦那も虫が大っ嫌い。旦那は虫が家の中にいても、そのままにするのでいつも私がスプレーとかで虫を退治する始末…:)
しかし私が出産を機に大の虫嫌いだった旦那は一変。
子供を溺愛するあまり、昔は虫を見るのも嫌いだったはずなのに、今では蜘蛛をハエタタキでぱちんと叩き、その蜘蛛を手でつかんでぽいっと捨ててしまう旦那。
この変わりっぷり、すごすぎる…!
「子供が虫に刺されたりしたら可哀想だからね」と言ってくれて最初は嬉しかったけど、今思うと「じゃあ子供無しで、私だけだったら別にかわいそうじゃないってこと?」と不満に思うようになりました。
旦那がいないときは子供を別室に移して殺虫スプレーをかけるのですが、何故かそのことが旦那にばれてあとから怒られるはめに…
「子供が殺虫スプレーをすってしまったらどうするんだ!虫を退治するならハエタタキとかでしなさい」
こう旦那からは言われたものの、ハエタタキで退治するなんて私には絶対できません。
なので、いっそ部屋から虫を全部退治してしまえばいいんだ!と思い、旦那が仕事中にこっそりとバルサンをたくことにしました。
しかしこの効果は束の間…1週間も経たないうちに、うちの家の周りでゲジゲジが大量発生…
バルサンの効力よりも、ゲジゲジの生命力の方が圧倒的に強く無残にもバルサン敗北…
私も旦那と同じく、子供のために虫に強い大人になろう!
そう心に誓ったのでありました:)

0

妊娠40w前後の体験談

上へもどる