カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 2人目・3人目 >
  4. 2人目の出産…上の子への対応で気を付けたこと
2人目・3人目

[30w]2人目の出産…上の子への対応で気を付けたこと [妊娠・出産の体験談]

1198人に読まれました
2015-11-07 19:10
2人目の妊娠が分かった時、
一番心配したのは上の娘の事でした。
当時娘は2歳半で、出産を迎える頃は3歳半になりました。
ですがまだまだママが一番!
とにかく何をするにもどこに行くにもママと一緒でなくてはならない時期だったので、
下の子が生まれた時、ママが下の子のお世話にかかりっきりになって、
嫉妬したり幼児返りしたりするのでは…と不安だったのです。
  • 妊娠中から赤ちゃんの存在を教える!

    ママのお腹の中には赤ちゃんがいるんだよ!
    と分からなくてもとにかく繰り返し教えました。
    娘の場合は保育園に通っていたので、自分より小さな赤ちゃんの存在は認知していました。
    あのくらい小さな赤ちゃんが、ママのお腹の中にいて、
    ◯◯(娘)ちゃんのところに来るんだよ!
    と伝えてあげると、娘なりに、
    なんとなく感じ取ってくれたようでした。

    お腹が大きくなって胎動が分かりやすくなってからは、
    一緒にお腹を触って動くのを感じてみたり、
    お腹に耳をあてている間に、
    『お姉ちゃん、僕とあそんでね!』と腹話術的にママが話してあげたりして、
    コミュニケートをとっていました。
  • 『大好きだよ!』を毎日伝える

    ママは◯◯(娘)ちゃん、大好きだよ!
    ◯◯(娘)ちゃん、かわいいね!
    と、事あるごとに伝えていました。
    お腹に赤ちゃんがいることで、抱っこできなかったり、
    追いかけっこができなかったり、と娘的に不満があったようです。
    喧嘩したり、怒ったりすることもしばしはありましたが…
    上記のように、愛情を分かりやすく伝えてあげること、
    抱き締めてあげることを怠らないようにしました!

    愛情が自分にしっかり向いていることを自覚出来たのでしょうか、
    娘はワガママを言うこともありますが、
    息子が生まれた今はすっかり良いお姉ちゃんになってくれています。

みんなへメッセージやアドバイス

2人目の子供にとって、お兄ちゃん、お姉ちゃんはいて当たり前の存在ですが、
上の子にとっては、赤ちゃんが生まれることによって、
自分だけのパパ、ママがとられてしまったように感じてしまうかもしれません。

子供とはいえ、しっかり愛情を持って接し、
お話をすればちゃんと理解できます。
パパ、ママの愛情を余すことなく伝えてあげてください!
4

妊娠30w前後の体験談

上へもどる