カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 卵巣の病気と疑われた、子宮筋腫
トラブル

[7w]卵巣の病気と疑われた、子宮筋腫 [妊娠・出産の体験談]

788人に読まれました
2015-11-09 21:36
妊娠7週目に、病院の先生から「卵巣が腫れている」といわれました。
アップしている写真がそのとき頂いたエコーなのですが、
4cmほどの大きさがありました。

これまでに検査など受けたことが無かったので、妊娠の妨げになるものなのかどうかと、
ひどく心配していると、
次の回の検診の際、別の先生に"充実性のもの"だと言われました。
つまり白く写っていないので水ではなく、
あまり良くない状態かもしれないという診断でした。

卵巣に充実性の腫瘍がある場合は、開腹して中身を見てみないと分からないそうで、
ガンの場合もあれば、
髪の毛や歯などがたまったような状態のものもあるということでした。
卵巣に髪の毛が溜まることがあるなんて不思議ですよね。

夫婦ともにとてもショックを受け、
結局開腹してみなければ分からないのなら赤ちゃんはどうなるんだろうと、
大変取り乱しました。

再度検診を受ける際、一番ベテランの先生にお願いしたところ、
エコー写真をみてやはり充実性だといわれ、
手術になるのかな…と思っていました。

一度先生自身も状態を診ておきたいからとエコー検査をされたところ、
これは卵巣じゃない、と笑顔で教えてくれました。

お話を聞くと、子宮の右側の卵巣の、
ちょうど真上に丸い形の子宮筋腫がくっついている状態とのこと…
子宮筋腫は多くの人が持っている症状だし、何の心配もないものだという診察を受けました。



みんなへメッセージやアドバイス

卵巣の病気を疑われた際、一人の先生だけでなく、たくさんの先生に診察してもらってよかったと思います。
また、これまで何の診察もせずにいたことを少し後悔しました。
自分の体ですが、自分で症状がつかめない病気もあると知り、
こまめな婦人科検診を受けることが大切だと感じた出来事でした。
1

妊娠7w前後の体験談

上へもどる