カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 不妊治療*この約8ヶ月のメンタル
妊活

不妊治療*この約8ヶ月のメンタル [妊娠・出産の体験談]

1506人に読まれました
2016-04-07 12:20
いろんな気持ちが混ざり合っていましたね

4月 仕事を辞めました。
夫ちゃんの精索静脈瘤の術後検査が5月末。そこから顕微受精に入ろうと思っていました。

が、義母が検査結果を聞きに行く日をちょっとした理由でずらしたら?と助言してきました。

私の気持ちはダダ落ち。

生理もきちゃうしなによっ!!!!!

6月初めての判定日 ビギナーズラックはなし。
この世の終わりくらいに思いました。

私にはお金もなければ、世の中の役に立つ労働もない。仕事を辞めた後悔。

気持ちはどんどん落ち込みました。

7月
友人が8週で流産したとメールが来ました。彼女の大変な気持ちは私の支えになったかもしれません。何故なら
「私よりも辛い状況」を耐えているから

仕事を再開。と言っても前職場のお手伝い。気を紛らわすにもいいかなーと。

8月。
気を紛らわしながらの治療にチャレンジ。仕事に行くと励ましてもらえる点はいいのですが、やはり気持ちが落ち着かないし一週間ごとシフトで休みも自由ではあったがやっぱりオーナー(一番私がどういう治療をしているかを知っている)に断りを入れるといった煩わしさを感じる。
結局、卵胞の育ちも悪くダメダメになってしまった。移植もできず。
この先どうする?????
TESEまで提案されました。

9月
気持ちはより食生活からの改善無添加に。
4月から私も(夫は作り置きの自炊食)コンビニ食をやめてはいました。
けど、もっと健康食に。調味料を変えました。

野菜の量も増えました。
納豆おくら長芋は1日起きを毎日にしました。

えごま油もココナッツオイルも開始。

10月に入り、自然周期での治療に興味を持ち始めました。
食生活も4月からコンビニ食をやめたので半年経過しているし自然周期なら安くできるし。ためしてみようかな〜って。
「とりあえず今の卵胞を見に行こう!」と思いました。

育ちが順調なら採卵しよう!

みんなへメッセージやアドバイス

メンタルをどうしたらいいかを不妊治療をして行くにあたり当たり前にケアして頂きたい。自分からカウンセリングに出向くのは難しいです
1

上へもどる