カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. まだまだ飲みたいお年頃
授乳

[1歳6ヶ月]まだまだ飲みたいお年頃 [育児の体験談]

277人に読まれました
2015-11-11 11:28
子供、1歳後半。
そろそろ周りの子も断乳・卒乳して、おっぱいとはサヨナラする時期です。

うちのお子の場合。
朝、目覚めと共にハイテンションで何か喋るほど、元気に起床。
朝ごはん少々をダラダラと食べる。
母、あっという間に食べ終わる。
子供がいつまでたっても食べ終わらないので、しびれを切らして家事をする。
バタバタと家事を済ませ、フーと一息。
その辺に寝っ転がる。

その途端、さっきまでダラダラと食べていた子供がスックと起き上がり、ゴチソウサマも言わず母のもとへ一直線!
目が光ってる!
「オパイ!オパイ!」と乗っかってきます。
こうなると抗えません。
断ると烈火の如く怒り出し、泣き喚きます。
しょうがないのでそのまま横になっていると、勝手に服をまくって乳を飲みだします。

あー…横になるだけだし、休憩になるからいいんだけどさー…いつまで続くのかしら。
そんな事考えてるなんて知る由もなくただジュージューと飲む子。
実に20~30分は絞り出してきます。そんなにもう出てないはずなのに…。

だいたい一日の飲むスケジュールとしては、上記の朝オパイ、真夜中の添い乳、そして何か悲しい事があった場合のオパイ要求。
家で何かにぶつかってウェーン、抱っこするとオパイ!
まぁ安定剤みたいなもんだろうと思ってハイハイとあげてましたが、問題なのは外出先。
お友達からおもちゃとりあげられてウェーン。
もちろん私のところに走ってきてオパイ!!!
いえいえ、ここ公園ですから。そう言っても分かるわけなく。
さすがにもう1歳半過ぎると外で乳あげる必要も無いので、出したくありません。
かと言って、ギャーギャー大声でオパイオパイ連呼されるのも。

なのでとっさの秘策。飛んでもいない飛行機を指差して「ホラ飛んでるよ!飛行機!見てごらん!」と声かけてみたり、
「よし!追いかけっこだ!行くぞ~スタタタ~ワハハ待て待て~!」と無駄にテンション上げて、子供の脳から乳の概念を消させました。
疲れる…。公園でずっと相手する事より、この乳欲しがりモードを回避させる為に浪費する労力。早く卒乳してくれ~と切に願うのでした。

みんなへメッセージやアドバイス

結局2歳半まで飲んでたくせに、3歳となった今では見向きもしません。あの執着心はなんだったのか。代わりにお母さん大好きっ子でベタベタです。お友達ともっと遊んで欲しいので、もうちょっと離れてもいいのに…。
2

上へもどる