カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 2歳 >
  4. 急成長する、絵の上達度。
2歳

[2歳]急成長する、絵の上達度。 [育児の体験談]

180人に読まれました
2015-11-11 11:34
2歳を過ぎて、クレヨンの扱いにも徐々に慣れてきました。
なのでお絵かき帳を購入、クレヨンは汚れても水で消せるというクレヨンを用意。
始めはグルグル。はみ出す事もあるので、下に敷物は必須です。

そのうちいつの間にか、「まる」「点」と言った「意味のある形」を書くようになります。
そこから毎日のようにしょっちゅうクレヨンを握り、描くわ描くわ。一週間で50枚入りの落書き帳がなくなるペースです。
そして丸ばかり描いていたのが、「これバナナ」「これリンゴ」と、身近にある物を描けるようになりました。

ある日何かせっせと描いているなーと思ったら、持ってきたのがお顔が二つ。
「おかあさんがわたしをギューしているところ~」ですって!

ヒャー!!なんて可愛いモノ描くんだ!いい子だ!しかも上手だ!もしかしたら天才じゃないのか!?
と、あまりの上達の速さにビックリして、普段はならない親バカモード全開だったのでしたが、
どうもどこのお子さんも結構上達早いんですね…。
公園でお友達の地面へのお絵かきで気がつきました。みんな上手いわ。
むしろうちのほうが下手かもしれない(笑)

絵の上手い下手は関係ないんですよ、きっと。
今この時期、”絵を描く”という、好きな事があるっていう事実が大切なんですよ。きっと。うん。
絵じゃなくても、何か楽しめる事があるっていい事じゃないか、うんうん。
と自分に言い聞かせてみました。

画材はクレヨンだけではなく、絵の具や水性ペン、色鉛筆も持たせてます。
いずれも100円均一のお店で買ったものなので惜しくありません。
ただ、賃貸なので床に描かれるのだけが恐ろしく、それだけ監視の目が離せません。
いつかのびのび描かせてあげたいなぁ~。

みんなへメッセージやアドバイス

この時期の脳の成長は本当にめぐるましくて、日々進化する姿に感心させられます。0歳の時の意思疎通のできなかった辛さを思い出すと涙…。がんばってよかったなあと思います。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる