カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 実際に無痛分娩にしてよかったと思うこと・そうでないこと
産後

[40w]実際に無痛分娩にしてよかったと思うこと・そうでないこと [妊娠・出産の体験談]

490人に読まれました
2015-11-11 19:00
今年の9月に無事出産を終えほっと一安心。
私は今回の出産で硬膜外無痛分娩で出産することになりました。
理由は初産にして赤ちゃんの頭が大きすぎることです。
先生からも無痛分娩で出産をすることを勧められ、私もそれに同意しました。

しかし現代では無痛分娩が定着してきているものの、やはり「無痛で出産する」ということは
まだ田舎の方ではなかなか受け入れてもらえない事実があり、
実際私も「え、無痛で出産するんだ…」と周りの人からはよく言われました。

しかし無痛分娩をして私自身本当に良かったと思っています。
(多くの産婦人科でも無痛分娩をして良かった。という声がほとんどなのも事実です。)
その理由は以下の通りです。
①リラックスした状態でいることができるので、緊張により出産の時間が長引くことがない
②それにより赤ちゃんに負担がいくこともない
③普通分娩だと痛みに弱いお母さんは妊娠中から分娩時の痛みを恐れてしまうあまり、こどもがなかなか下に降りず出産傾向が表れないが、無痛だとそのリスクも減る

しかし無痛にしてよくなかったこともあります。
①やっぱり周りの理解が得られない
(思い込みすぎかもしれませんが、普通分娩で産んだ人に軽く見下されている感じがする)
②出産から2ヶ月経っても、背中をぐーっとそるとちょっと痛い
③子宮口がある程度開かないと麻酔薬を打ってくれない
無痛のデメリットはあるものの、気にするほどのことではありません。
私はやっぱり無痛分娩で出産して本当に良かったと思っています。
無痛の1番のメリットはやはり、痛みがなかった分
分娩の恐怖がないから次もまた子供を産みたい!と思えることです。

無痛分娩でお悩みのママに少しでも参考になればいいなと思います!(^^)!
2

妊娠40w前後の体験談

上へもどる