カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 行事 >
  4. わが家のお食い初め♪~長女編~
行事

[0歳3ヶ月]わが家のお食い初め♪~長女編~ [育児の体験談]

204人に読まれました
2015-11-14 18:04
長女のお食い初めの時のことを思い出して書いてみます。


  • お食い初めってなんだ!?

    赤ちゃんが生まれて、すべてがわからないことだらけ!もちろん、百日祝、お食い初めなんて言葉も、赤ちゃんが生まれてから知りました。
    わたしは、旦那の家族と二世帯で住んでいましたので、ほとんど義母が教えてくれました。
    赤ちゃんが生まれて百日経ったお祝いに、生涯食べ物に困らないようにと、お食い初めをするのだそう。

    さっそくわが家も百日が迫る頃、お祝いの準備を始めました。
    まずは日取りを決めます。できれば「大安」がいいと聞いたので、百日前後で大安で、旦那も仕事が休みの日を選びました。
    近所の神社に予約をして、記念写真を撮るために写真館も予約しました。これで事前準備はオッケー!

    百日祝の前日には、お食い初めの準備です。
    わが家は、自宅で行なうことにしました。
    お食い初めの料理は、
    ・鯛
    ・煮物
    ・お吸い物
    ・お赤飯

    義母に教えてもらいながら決めていきました。鯛は、近所の魚屋さんで塩焼きにしてもらうことにしました。自分では上手にできないので…。
    さあ、あとは当日を待つだけです♪
  • 百日祝、お食い初めの日♪

    産まれた日も雨、お宮参りも雨と、雨女の長女なので心配でしたが、この日は晴天!
    神社でのご祈祷では、終始大泣きでしたが…無事にご祈祷してもらえて、ひと安心。
    神社の石を、お食い初めの時の箸休めの使うのがいいと聞いたので、帰りに良さそうな石をひとつ持って帰りました。

    写真撮影では、ニコニコと上機嫌で、いい写真が撮れてよかったです。

    そして、その日の夜に、お食い初めです。
    わが家は、特にお食い初め用に漆器は準備しませんでした。これから使う離乳食用の食器で大丈夫、とのことだったので、そのようにしました。

    もちろん、3ヵ月よりも前の赤ちゃんですので、食べることはできません。食べさせる真似をするだけです。
    赤ちゃんの口元に箸で食べ物を運ぶのは、義母の役目です。
    わたしも旦那も、写真撮影、ビデオ撮影に必死!ひと口ひと口、すべてをカメラに収めます。

    お食い初め中も、終始ご機嫌で、無事にすべてを終えることができました。

みんなへメッセージやアドバイス

赤ちゃんの時の行事は、この時期にしかできない貴重な思い出です。簡単ではあったものの、形としてやっておいてよかったなあと思います。
一日に、ぎっしりな予定を立ててしまったので、赤ちゃんにはちょっと大変だったかな…と今は少し反省しています!
0

行事 の人気体験談ランキング

上へもどる