カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 出産内祝い、こうやって選びました
産後

[0歳3ヶ月]出産内祝い、こうやって選びました [妊娠・出産の体験談]

2573人に読まれました
2016-08-05 16:53
妊娠中になんとなく内祝いのカタログは見ていましたが、実際に決めて贈ったのは、産後3ヶ月頃でした。
退院後は、赤ちゃんのお世話以外は寝てることも多く、カタログをゆっくり見ている余裕もありませんでした。

  • 名入れ商品

    選んだ基準としては、食べ物に名前を入れてくれるものを第一候補として選びました。
    名入れの商品は、ジュースのラベルやパッケージ自体に入れてくれるものもありますが、捨てられてしまうことを考えると、食べ物自体に名入れされている方がいいかなぁと思いそうしました。
    名前のお披露目もできるし、「こんなことできるんだね~」とびっくりしてくれる方も結構いました。

  • 家族構成によって変える

    商品としては、食べてなくなってしまう消えモノや、いくつあっても困らないタオルを贈ることが多かったです。

    一人暮らしの方には、普段あまり自分で買うことのないブランド物のタオルが喜ばれました。
    小さな子どもがいるご家庭にはジュースの詰め合わせ、大家族のご家庭にはたくさん数の入っているお菓子の詰め合わせなど、それぞれの立場に立って喜んでもらえそうなものを考えました。

  • 写真入りの出産報告カード

    また、写真入りの出産報告カードを無料でつけてくれるところがほとんどだと思いますが、私はこのカードは親や親戚だけにしました。
    私の周りには何年も妊活している人が何人かいて、写真入りのものは嫌な思いをさせてしまったら嫌だなぁという考えからです。
    考えすぎかもしれませんが、その辺はデリケートな問題でもあるので気を使うようにしました。

みんなへメッセージやアドバイス

内祝いは、贈る相手や金額に応じていろいろ考えなければならず大変かと思いますが、妊娠中にある程度ピックアップしておくと出産後にスムーズに注文できると思います。
1

上へもどる