カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 妊娠後期の内診って痛い!出産まで続くなんて苦痛・・・
妊娠後期(8ヵ月以降)

[36w]妊娠後期の内診って痛い!出産まで続くなんて苦痛・・・ [妊娠・出産の体験談]

3697人に読まれました
2016-02-19 16:33
いよいよ出産まであと1ヶ月!この頃から定期健診の回数も増えて週に1回産婦人科に行くことになりました。
しかし同時にこの時期から赤ちゃんのお顔もエコーでうつりにくくなり私の楽しみが一つなくなってしまいました。(:_;)悲しい…
  • 子宮の収縮を測る検査と内診

    いつものように定期健診に行くと、いつもと違う検査内容が増えていることにきづきました。
    それは子宮の収縮を測る検査と、あと内診。
    一つ目の子宮の収縮を測る検査は私が妊娠中期の頃に切迫早産になって体験をしたことがあるので、どんなものかわかっていました。

    しかし2つめの内診は一体何のためにやるのでしょうか…?
    先生に聞いてみると「子宮口がどのくらい開いてるかを内診することによって、出産がどれくらい近づいてるかを確認する」とのこと。

    なるほど!では私頑張ってきます!
  • 内診って痛い!

    さっそく内診専用の部屋に入り、椅子に座る私。なんだかこの感じ、妊娠初期の頃を思い出して懐かしい…

    とそんなのんきなことを考えていたら、いよいよ内診が始まりました。
    最初はあったかいお湯かなんだかよく分からない液体で、膣内を洗浄。
    その後は何かの機械でぐっと膣内を開き子宮口の確認をするのですが・・・・

    これがまた痛い!

    つい痛みのあまりおしりを浮かせると看護婦さんから怒られる始末。
    「出産はもっと痛みが強くなりますから、いまからこんなんだったら赤ちゃんも下におりてきませんよ」

    …(:_;)そんなことわかってるんですよー!
    わかってるけど自分の中のチキンがおびえてて、浮かせないように頑張っていても無意識に上がってるんです…(*_*)

    出産まで続くこの内診、本当に私にとって苦痛で恐怖です:)
    でもおチビのために、ママ頑張ります!!
3

妊娠36w前後の体験談

上へもどる