カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. ママの健康も大事!
産後

[0歳0ヶ月]ママの健康も大事! [妊娠・出産の体験談]

369人に読まれました
2015-06-30 23:15
  • 産後、これまでの生活と180度違うママの日常。話には聞いていたけど、産まれる前と産まれた後では大違い、、
    睡眠も、食事もろくに取れず、赤ちゃんの世話でめまぐるしい毎日に体調管理も大変です。
    赤ちゃんのお世話をするにはまず健康じゃないと、、と実感します。

    その中で私が経験したトラブル?を紹介したいと思います。
    まず、生後2ヶ月を過ぎたころに私の親知らずが痛み始めました。出産前に歯医者に行って、虫歯がないようにケアをしたつもりだったのだけど、残っていた親知らずが疲れからか痛み始めて、、 抜歯となるとその後薬を飲まないといけないから授乳できない、、せっかく授乳のリズムが整いはじめて、順調におっぱいも出るようになったのに、、
    でも一度痛みが出た親知らずは抜かないと治らないよ!という歯科勤務の友人の言葉に、とりあえず歯科に行くことに。案の定、私の予想通り、歯科の先生は有無を言わせず、抜きましょう!私は抜歯うまいから大丈夫!(笑)とのこと。授乳中なのでなるべく薬を飲みたくないんです、、と言うと、痛み止めを飲む間は授乳は避けた方がいいそうで、、
    結局、抜歯は先生の言葉どおり30秒で終了(笑)

    幸い、上の方の親知らずだったので、一日で痛みはなくなり、痛み止めがなくても大丈夫になって約6時間後に授乳再開。抜歯したあと、しぶしぶ搾乳機を買っておっぱいケアをしましたが、最小限で授乳を再開することができました。
    あと、歯科も実家の近くで、独身時代からずっと行っていたところだったので、赤ちゃんも実家の母に預けて病院に行くことができ、とても助かりました、、、

    あとは最近の話で、生後10ヶ月の時。ちょっと最近体調悪いな〜喉が痛い?微熱がある?と思って、子供と一緒にお昼寝をして起きるとすごくしんどい。熱を測ると、まさかの39、4℃!びっくりして実家の母に電話したら、母の予定をキャンセルしてフルーツやら飲み物やらうどんやら買い出しをして飛んできてくれました。ホント感謝です、、、
    病院に行って薬をもらったんだけど、その薬が効いている間は元気で、効果が切れだす6、7時間後に決まってまた熱が上がりだして、、それが一週間近く続きました。。

    症状は熱と少し喉が痛いだけで、他の風邪症状はなし、血液検査の結果、体のどこかに炎症がある、とのことで、大きい病院で改めて診察してもらったら、急性咽頭炎、だったそう。

    私はこれまでインフルエンザにもかかったことないし、熱が出たら一晩汗かいて寝たら治るし!って健康だけには自信があったんだけど、やっぱり出産後から知らない間に疲れがたまっていたのかも。
    これを機に、あまり気を張らずにゆっくり生活しようと思いました。

    実家の母や、旦那さんに甘えさせてもらって、ベッドでとにかく横になって休んで、、子供もぐずったりすることなく、おっぱいを欲しがることもなく、しゃべることは出来なくても、ママが体調悪いっていうのを察してくれていたのかな、、
    親知らずの時に買った搾乳機も久しぶりに活躍してくれ、元気になってからはまた授乳を再開しました。
    一番しんどかった一日ぶりに子供を抱っこすると、マシュマロみたいに肌が柔らかくて。一日離れていただけだけど、すごく久しぶりに感じたし、改めて愛おしさが感じられました、、
    私の場合は実家が近くて、助けも呼べたけど、それが難しい人もいると思います。市区町村などの行政に助けを求めることができるかもしれません。ママも人間です。体や心がしんどい時があって当然です。とにかくママがしんどいときは休めるように、、!
1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる