カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 卵アレルギー①発症のきっかけ
離乳食

[0歳6ヶ月]卵アレルギー①発症のきっかけ [育児の体験談]

2257人に読まれました
2015-11-21 10:53
こどもの卵アレルギーが発覚したのは離乳食開始から1か月たった6ヶ月終わり頃の時でした。離乳食は気分が良いときは口には入れてみるけれど積極的にはたべない、といった進み具合でした。一応全て口に入れてみて、出したりはしたけれど、いろいろな食材を試してみてなにも問題はありませんでした。

開始1か月の時点で特に理由はなく卵は与えていなかったのですが、お姉ちゃんがオヤツに卵ボーロを食べているのを口を開けて見ていました。そろそろ7ヶ月になるしまあいいかと思い2粒を砕いてあげてみたところ甘くて気に入ったのかパクパク食べていました。

それからも普通に過ごしていましたが、一時間程経ったあたりでなんとなく、顔が赤いな?と思っていると段々機嫌が悪くなり号泣し始め、顔や耳を引っ掻き始めました。おかしいと思い身体を見てみると全身に赤く膨れ上がった発疹がびっしりできていてどんどん大きく広がっていき、呼吸も荒くなってきました。

夕方で病院の受付時間は過ぎていましたが、電話してみると直ぐに連れてきて下さいとのことだったので連れて行くとアレルギー症状が強く出ていると診断され、その場ですぐに血液検査、その後飲み薬を飲み30分程で呼吸が落ち着きました。念のため1時間程病院で様子を見ました。

血液検査の結果、卵白、卵黄、加熱した卵の成分すべてにレベル4の卵アレルギーがあると出ていました。とりあえず一歳半までは卵完全除去と言われています。まさか加工食品で火が通っているはずのお菓子でアレルギーが出たことにびっくりしました。

みんなへメッセージやアドバイス

お菓子で卵の量がそんなに多くなくてもアレルギーは出るそうです。卵ボーロは赤ちゃんがよく食べているから大丈夫と思っていたのが間違いでした。
1

上へもどる