カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 私が離乳食教室で教わったこと。実際に始めてみてどうだった?⑶
離乳食

[0歳6ヶ月]私が離乳食教室で教わったこと。実際に始めてみてどうだった?⑶ [育児の体験談]

645人に読まれました
2015-11-21 22:29
今回も引き続き書きます!
離乳食と母乳とで息子はムチムチ度に磨きがかかりました。離乳食が始まれば、授乳は減ると思っていましたが、なかなかそう簡単にいきませんでした。
では、離乳食教室で教わったことと、実際どうだったかをお伝えしますね♩


⑦とにかく食材の味に慣れさせる。味付けは殆どしなくて良い。

ごっくん期は、昆布や鰹節で出汁を取り味付けする程度で十分だと思います!
私は出汁を取るのすら面倒なときもあって味付けを全くしないこともありましたが、問題なく食べてくれました。よくそんな味のない状態で食べられるなと感心したものです…笑

⑧赤ちゃんは基本的に好き嫌いが無いとされているため、もし最初は嫌がっても「美味しいね、これ好きだよね」と〈思い込ませる〉のが大切。

とはいっても、息子の場合は勘が鋭いのか、私が思い込ませようとしているのに気づいて口を固く閉ざしていました(笑)。
しかし、嫌いだと思っていたものでも、少し間をあけて改めて与えると、当たり前のように食べてくれました!今は好き嫌い全く無いので、タイミングを見計らってさりげなく再挑戦するのも良いかもしれませんよ^^

⑨舌触りが嫌だったり、喉に引っかかって不快だったりして拒否することは多少あり。お粥に混ぜたり水分を調節したりして工夫して与える。

初期はとろみが無いと食べてくれないことがしょっちゅうでした。舌触りは相当大事のようです。和光堂のとろみのもとを使ったり、きな粉を混ぜたりしてサラサラ感が無いようにしていました。
お粥に混ぜたら食べてくれますが、色々混ぜ過ぎると逆に食べてくれないこともあります。しかし息子の場合は、ヨーグルトに混ぜると食べてくれることが多かったです!

0

上へもどる