カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 出産、どんなふうにしたい?その5
産婦人科・産院

[17w]出産、どんなふうにしたい?その5 [妊娠・出産の体験談]

370人に読まれました
2015-11-22 08:46
*帝王切開の現状*
 いまの女性の体が弱くなってしまったという現状もある一方で、病院側の実情で帝王切開が行われているのも事実です。
 例えば夕方前に病院に運び込まれて、先生が夕方には帰らないといけないとします。
そうしたら、自分が帰ってしまったあとの万が一を防ぐ為に、帝王切開で切っておくのです。そうすれば、万が一の医療訴訟を防ぐ事もできますし、妊婦の母体を守ったということにもなるのでしょう。
 また、帝王切開をすることで一人当たりの出産時間を短縮することもできるのです。同時に出産する妊婦さんがいる場合も、万が一を防ぐ目的で帝王切開は行われます。
 そして、帝王切開をすれば、病院は、儲かります。
 母体の安全を守り、人手がとられることもなく、ビジネスとしても理想的。
 それが、帝王切開なのです。

*自然を求める声*
 現状として、帝王切開が悪いなんていう声はほとんど聞きません。
 そんなことをしてしまえば、いままで帝王切開で産まれた赤ちゃんやお母さんの心をとても傷つけてしまいます。現に、帝王切開をしても何も問題が起きたという報告も起きていないですから、そんな批判をしても、医学的な証拠もないのです。
 ところが、ここにひとつ、不自然なことが生じてきます。
 自然な出産を求める声は、極端に押さえつけられている、という現状です。
 上記のように帝王切開がむしろ奨励されている現状では、自然な出産を求める方が不自然なのです。何を言っているんだと。自然出産の為の体づくりもしなくちゃいけない、万が一の人手もかかる、それに儲からない。
 いまの未熟な文明では、ごく自然な声が、ごく自然にかき消されていきます。

ーその6へつづきますー

 
 

みんなへメッセージやアドバイス

 帝王切開に疑問をもつ人も多い中、帝王切開の正当性を訴える情報は多く存在します。
 ところが、帝王切開のリスクを訴える情報は、極端に少ないです。そんなことをしてしまえば、今まで行ってきた事の取り返しがつかなくなるからです。それに、帝王切開ができないとなると、病院は本当に困ってしまいます。そうした個々の実情も踏まえた上で、今の時代にどうしたら自然な出産ができるのか、参考にしていただけたら幸いです。
1

妊娠17w前後の体験談

上へもどる