カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. おじいちゃん、おばあちゃんとの付き合い方
ママの悩み

[1歳0ヶ月]おじいちゃん、おばあちゃんとの付き合い方 [育児の体験談]

936人に読まれました
2016-12-27 15:25
私は子供を出産してから夫の実家に嫁入りして、それから同居しています。
嫁というよりは、《ママ》として家に入ったのでやりやすかったと思います。
娘を妊娠中に退職したため専業主婦として自宅で生活していました。
娘は両家の初孫だったので、それはそれが可愛がられましたが、逆に甘やかしが心配でした…
  • 呼び方は《パパとママ》、《じいじとばあば》

    我が家はじいじとばあばと呼ばせました。両親はパパ、ママで、大人同士そう呼ぶことにしました。
    夫のことを、名前で呼ぶことがあったので、出来れば娘の前では《パパ》と呼んでもらうようにお願いをしました。
    義理の父から、呼び方をどうするのか聞かれたタイミングで、そうしたいと考えている伝えました。
    私はのことはいつでもママと呼んでくれるのですが、夫のことはやはり息子なのでつい名前で呼んでしまうようで…
    小さなころはよかったのですが、現在3歳を迎えた娘はたまに夫を名前で呼ぶことがあります。
    何度も言うのは心苦しいので、気になった時は夫にお願いして伝えてもらっています。
  • 食べものにだけは厳しく!

    娘を育てる上で一番厳しく祖父母にお願いしたのは、食べ物のことでした。
    特に2歳を迎えるまではアレルギーのことあるので、例えどんなに孫が可愛くても、私に許可なくおやつなどを与えないでほしいとお願いしました。
    その代わり、おもちゃや着るものに関してはお好きなように買い与えてください、と交換条件のように提示しました。
    また、おやつ関しても、果物であれば良いということしていたので、季節の果物はたくさん買ってもらいました。

    一度買ってもらったものを食べないで、と辞めさせるのは心象悪いなぁと思ったので…
    生まれてすぐのタイミングでお願いしました。
    でも今思えばとてもよい方法だったと思います。
  • 遠慮はしない!娘のため!

    私はとにかく、娘の為と思って、言いたいことははっきりいいました。
    食事のマナーやおかしいと思うこと、やめて欲しいことはしっかり娘に伝えました。
    おじいちゃんやおばあちゃんがいいといったことでも、(例えば食前や寝る前のおやつとか)私が辞めさせたいことはちゃんとおじいちゃん、おばあちゃんのいる前で伝えました。
    食事を摂らない癖をつけてのちのち困るのは娘であると改めて伝え、理解を求めました。

    娘だけに伝えるのは娘とってもストレスになるとかんがえたので、
    同じこと繰り返さないように家族全員で共有できるように心がけました。
    同居当時からはっきりお願いをしていたので、祖父母も比較的すんなり受け入れてくれたと感じています。

みんなへメッセージやアドバイス

嫁として同居すると、生活環境の違う家族と暮らすストレスや、子供の教育概念などで悩むことも多いと思います。

私のようにはっきりものを言ったり、それ受け入れてくれる家族ならいいのですが、必ずしもそうとは限りませんよね。
でも、何もかも自分の思いを突き通すのはいつだって難しいです。
相手の考えや思いを受け入れて、譲歩し合うことが重要だと思いました。

子供にとっておじいちゃん、おばあちゃんは大切な存在だと思いますので、いい関係を保っていきたいですね。
1

上へもどる