カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 病院選び、先生選び。
産婦人科・産院

[10w]病院選び、先生選び。 [妊娠・出産の体験談]

489人に読まれました
2015-07-03 10:43
妊娠がわかって病院に行く前に、どこの病院にしよう。と考えました。
友達や、まわりの人にいろいろ話を聞いたりネットで調べたり。

わたしは
•家から通いやすい距離か
•病院の雰囲気は良いか
•料金
という点を重点に考えました。

自宅が駅から遠かったので、バス一本で行ける距離、
陣痛が来たら20分ほどで行ける距離が良いなと思いました。

それから、病院の雰囲気。
雰囲気はネットなどで検索してもなかなかわからないですね。
なので、まわりの人にどんな病院だったのかを聞きました。
料金もネットでは調べられなかったので大体いくらぐらいかかるのかをまわりの人に聞きました。

まわりの人から聞いたのは、
助産院は出産一時金が少し戻ってくるよー。
エステとか、料理がフルコースの病院がすごく良かったけど、一時金の他に20万ぐらいかかったよー。など。

わたしは、エステなどは特にいらなかったので家からバスで20分ほどの駅の近くの病院に決めました。

その病院はネットで予約ができるんですが6人ぐらいの先生がいて、交代で1日2人の先生が診療しています。
予約をするとき、ほとんど空きがない状態でしたが1人の先生はちょこちょこ予約が空いている状態でした。
それで予約をして、次の日主人と一緒に病院に行きました。

主人と一緒に病院に行ったのは、
一緒にエコーで赤ちゃんを見て一緒に喜びたい!と思ったからです。

今思うと、少し浮かれていたかな〜と自分で思いますね。

診察室に入り、
妊娠検査薬で陽性でした。
と先生に言うと、

「奥さんはとなりの部屋へ。旦那さんは外で待ってて。」と言われました。

そして、初めてのエコー。
一緒に見れると思ってたんですが、初期だと膣エコーなんですね。
まったく知りませんでした。
なので、主人と見ることはできませんでした。

そして、先生からは
「赤ちゃんが育つ袋は見えるけどまだ心拍とか確認できないから二週間後にまたきて。」とだけ言われました。

その先生は少し冷たい物言いで、必要最低限の事しか話をしないような感じでした。

その冷たい雰囲気にウキウキしていた気分が少し重くなったのを覚えています。

初めての妊娠、浮かれていたのもありますが予想外の先生の対応に戸惑ってしまい質問をするのもせずに診察室をでました。

あとから、心拍が確認できないけど大丈夫なのだろうか?とかいろいろ不安になってしまいネットでいろいろ調べました。

そのあとの検診はいろんな先生に診てもらって最終的に丁寧に話を聞いて下さる院長先生に診てもらうことにしました。

いつも、なにか聞きたいことはありますか?と聞いてくれるので、少し気になることなどを話せたので安心して妊娠生活を送れました。

1番最初の先生は冷たい感じでしたが、
妊娠後期に入って診てもらう事があったのですが、
「順調。心配なし!終わり!」という感じでその呆気なさも心配ないんだな。と思わせてくれました。

あとからその病院で産んだ人に話を聞くと、自分は心配症だったから少し言い方が怖いけど心配なし。と言われると安心できたよーと言っていました。

妊娠初期はわからないことだらけて不安でその先生に不安になったけれど、
後期にもなって妊婦生活にもなれると全然違った印象になりました。

病院との相性や、先生との相性がありますね。
妊娠してから出産まで長い間通います。
信頼できる、安心できる病院を選ぶのが大切だと思いました。

1

妊娠10w前後の体験談

上へもどる