カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 切迫流産で入院◆病院は自分で判断を!病院の大切さ
妊娠初期(2~4ヵ月)

[6w]切迫流産で入院◆病院は自分で判断を!病院の大切さ [妊娠・出産の体験談]

10564人に読まれました
2016-08-03 16:22
妊娠中に、思わぬトラブルで入院することもありますよね。切迫流産と診断されてから、入院するまでのできごとをまとめました。ありえない病院から、対応のよかった病院まで、対応の違いをお話しします。
  • 切迫流産と診断されるまで

    私は、妊娠に気が付いたきっかけが、生理痛のような下腹部痛と腰痛でした。
    生理予定日を超えても生理痛のような痛みはひどいのに生理はこない。そしてなぜか気持ち悪く、ご飯が思うように食べられない。
    母に「妊娠では?」と指摘され、恐る恐る検査薬を使ってみると、なんと陽性でした。

    そして病院に行くと、「妊娠は・・・してるねぇ。でもそんなに痛みがひどいのと、赤ちゃんが少し下の方にいることをみると、切迫流産やね。これからは安静にしてね。仕事も休んで。」と言われました。この時点で5w。妊娠している喜びと切迫流産と言われた不安から、私の心は揺れていました。
  • 紹介先は最悪な病院

    仕事も休むことになり、一週間様子を見ましたが、腹痛はあまりよくなりませんでした。
    そしてつわりが徐々にひどくなり、食事も果物やヨーグルトしか食べられない状態に。

    そんなある日の夜のこと、腹痛が突然ひどくなり、いてもたってもいられず病院へ電話しました。翌日診察を受け、入院が必要になると思うから、と大きい病院へ紹介状を書いてもらいました。

    しかし、ここの病院の対応が酷く、まず受付で20分待たされ、そのあとも診察まで2時間待たされました。座っていられず、一時間待ったところでこちらからベッドに寝かしてもらうことに。

    診察も、私のいうこともほとんど聞かず、「つまりこうだね、わかったわかった」とどんどん診察がすすみ、言われたことは、「切迫流産でもなんでもなく、子宮の横の靭帯が伸びているだけです。」と・・・。
    そこで、痛み止めにロキソニンを処方され診察終了。

    その後、もとの病院に戻り、ロキソニンを出された経緯を話すと、「この時期にロキソニンは出さないね。飲まないで。」と。
    妊娠中は薬に慎重なはずなのに、いったいどういうことなのか。対応にも投薬にも本当に腹が立ちました。

    少し症状が和らいだので、次紹介してもらうときは違う病院にしてもらうことをお願いし、様子を見ることに。この時6wでした。
  • やっぱり入院が必要に

    病院に行って四日後、ついに出血。またかかりつけの病院に行くと、「これは入院しないといけないから。」と、前回とは異なる病院を紹介してもらいました。紹介先の病院は休みだったのですが、産婦人科の先生がわざわざ出勤してくれ、診察してくれることに。
    そして、「痛みが強くて出血もあるし、入院しよう。」とのことで、入院が決まりました。

    入院中は食事とトイレ以外はとにかく安静。診察にも毎回車いすで看護婦さんに運んでもらうなど、徹底した安静状態でした。でも、これを4日ほど続けると、腹痛がおさまり、出血も止まりました。そして7日で退院できるようになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

切迫流産と診断されて、安静を支持されたときは必ずお医者さんの指示に従ってください。家にいるだけでも、家事や料理などで動いてしまい、子宮を刺激するものです。座る姿勢もアウト。とにかくおなかの中の子供を第一優先してください。

仕事は自分がいなくてもなんとでもなるんです。入院する必要があるときは、病院にすべてを任せて安静にしてくださいね。
そして、病院選びは慎重に!違和感があるときは、複数の病院にかかることが大切ですよ。
1

妊娠6w前後の体験談

妊娠初期(2~4ヵ月)の人気体験談ランキング

上へもどる