カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. パパの育児 >
  4. お父さん手作り、缶ぽっくり
パパの育児

[3歳]お父さん手作り、缶ぽっくり [育児の体験談]

356人に読まれました
2015-11-27 12:27
ある日の幼稚園の帰り。いつも寄って帰る公園で、おともだちのM君がお母さんから出してもらったのは「缶ぽっくり」でした。
竹筒に紐を通して、紐を手に持ちつつ、竹筒に乗って歩く、という昔懐かしいおもちゃ。
おばあちゃんが作ったらしく、空き缶の開け口も怪我しないようキレイに処理され、円が大きく、高さは低めでベストな高さなので4歳児でもオッケー。
カポンカポン歩く姿にほかの子供達もいいないいなと羨望のまなざし。
もちろんうちの子供も例外ではなく「あれ乗りたい!」とだだをこね、貸してもらう事数日。幼稚園の帰りに遊ぶ度に借りるので、なんかもう申し訳ない。
なのでお父さんに相談です。
「缶ぽっくり作ろうかな?」
そしたらここはお父ちゃんの出番だ!!と普段スポンサー程度しか協力できない(いや、それも立派でありがたいんですけど)お父さんがやる気まんまん。
早速ホームセンターに向かいます。

そこで購入した物。
スチール製の缶詰型容器(蓋付き)×2
穴開けポンチ
金づち
紐×2

缶詰型容器の横に穴をあけます。穴開けポンチと呼ばれる鉛筆型の工具の尖った部分を、穴を開ける場所にあて、後ろから金づちでコンコンします。
穴が開いたら、紐を通します。
缶詰型容器に子供が触ったら危なそうな部分があれば、金づちで丸く整え、怪我しないようにします。
できあがり!

紐は始めは縄跳びを切って使っていましたが、伸縮性があると引っ張って歩きにくいので、伸びの少ない麻紐を100円ショップで購入。
総計1200円。娘好みのお花の絵を描いて、カポカポ遊ぶ子供の様子を見て、お父さん大満足。
良かったねぇ。と微笑ましく思う反面、「買ったほうが安く上がるのでは…」という気持ちがどうしても拭えず、ネットでこっそり検索。
500円ちょっとナリ。
流石に言えないのでこっそり胸の内にしまうこととします。
工具も買ったしね。また何個でも作れるから、無駄じゃないよ、うん。

そんな両親の苦労も知らず、当の子供は数ヵ月で飽きました。おいこら遊べ!

みんなへメッセージやアドバイス

工作時間はお父さんのせっかくの出番。頑張って作ってくれたお父さんには、感謝の意を込めて最後に褒めちぎりましょう^^
1

妊娠3歳前後の体験談

パパの育児の人気体験談ランキング

上へもどる