カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. ニューブロック
遊び・あやし

[2歳]ニューブロック [育児の体験談]

344人に読まれました
2015-11-28 15:16
2歳になって娘がとても楽しんでいたおもちゃは
学研のニューブロックです。
昔からあるのでご存知の方も多いと思います。

このブロックは軽くて投げて当たっても痛くないのでいいと、思います。

このシリーズは恐竜やロボット、電車がつくれます。

でもこれを作るにはかなり難しいので、パパ、ママが協力してあげないと無理だと思います。

うちの子の場合、ブロックをレールの様に繋げて道を作ってます。
道をどんどん広げて、その上に動物のブロックを置いて
「ここは動物園」などと言って楽しんでいます。

こちらのブロック、難易度が高いように思われますが、2歳半ごろになれば、その子なりの遊び方を見つけられると思います。

小さな月齢のお子さんがいる家庭は、
棒のパーツや、人のパーツなどは口に入れて、喉をついてしまう可能性があるので気をつけて下さい。
小さいパーツや棒のパーツだけ、袋に入れてお子さんの手の届かない場所で保管しておくのがいいでしょう。

こちらのシリーズは男の子向けの作品が出来上がったり、色合いも男の子向けだと思います。
他に、ピンクや赤系を基調としたシリーズもあるので、女の子の場合はそちらの方が喜ばれると思います。

うちの娘の場合、お花のブロックに棒をさして、
「はい!お花あげる」
なんていう遊び方をしています。

1歳過ぎ頃から小学生低学年のお子さんまで楽しめるブロックだと思います!

いろいろな発想で作品が作れるのでおすすめです。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる