カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 私の退職物語 その3
産婦人科・産院

[19w]私の退職物語 その3 [妊娠・出産の体験談]

1272人に読まれました
2015-11-28 13:51
*会社もなかなか大変*
 私のほうでは朝から晩までカッツカツ状態で働いていましたが、会社はむしろその逆で悩んでいました。
 なにせ、私は社会保険の120時間ギリギリ、最低時間しか働いていなかったのですから。
 しかも週6日も出勤させることで、私の上長は本社から「出勤日が多すぎる」とお叱りをうけてしまいました。ほんとうに厄介なパートだったと思います...

*順調に年月が経つ*
 そうこうしながらも、ある意味規則正しい生活のおかげで、次第に慣れていきました。
 同僚に支えられ、お客様に励まされ、時にはけんかし、クレームをうけながらも!
 4年があっという間に過ぎていきました。
 そして、今年の9月に、妊娠が発覚したのでした。

*順調な退職の準備*
 突然のことでしたが、会社には出産予定日の1ヶ月前まではできれば働きたい旨を伝え、子育てがひと段落したらまた復帰したいという気持ちもお伝えしました。
 そして、あとは残る約半年をつとめるだけとなりました。
 そんなある日のこと、事件は起きたのです!

*さよならクレーム事件*
 それまでも、接客業ですからクレームは日常茶飯事でした。反省すべきは反省し、気にしない事は気にせず(笑)毎日をすごしていたのでした。
 そんなある日のこと、今まででいちばんキツいクレームに遭遇してしまったのです!
 そのお客さんは、自分の欲しいものが手に入らないと分かるや否や、急に怒鳴りちらしはじめたのです。ぎょっとしながらも、気の強い私の性格も災いし、堪忍袋の緒を切らし、言い返してしまったのです!このことから、歯車が一気に狂いはじめました。

ーその4へ続きます

みんなへメッセージやアドバイス

かなり特殊な体験かもしれませんね!まぁ人事だと思って笑って読んでいただけたら幸いです。(笑)
1

妊娠19w前後の体験談

上へもどる